2013年12月10日

冬枯れの吉野山

桜とモミジが美しいという吉野山だが、関西に住んでもう50年になるというのに
二人とも一度も訪れたことがない。
西吉野は野迫川村への道中で通過するが、吉野は意識の中で妙に遠い場所だった。
先週末、Kiiさんの仕事の都合で同行したのが時期外れの吉野山。
モミジもすっかり終わった山は、裸木だらけだったがとても風情が良かった。

吉野八社明神のひとつ、幣掛神社(しでかけ)が近くに有り、一人で少しだけ散策。
吉野3

吉野4

吉野2
鳥居のそばにある四手掛桜は、一重と八重の花が混じって咲くという。
ここから奥に七曲り坂が続くのだが時間がなくて行けず。。。
吉野1

下ると吉野駅だそうで、なかなかいい雰囲気の小道だが、上りはきついだろうなぁ。
吉野駅からはケーブルカーもあり、この季節でも結構乗客がいた。
吉野5

吉野はもっと遠いと思い込んでいたのだが、意外に近い位置にあって吃驚。
お弁当を作って、桜の季節に訪れてみたい。
人ごみは苦手だから平日にね。

posted by けい at 18:43| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠くの神様がありがたいといいますね。
近くだと何時か行こうと思いながら
中々行けないものですね。
桜や紅葉の時はえらい人出ですが
静かなこの時期の散策もいいですね
落とすものをすべて落として凛と立つ冬の木
私は大好きなんです
行ってみたいな冬の吉野山。
けいさん、吉野の桜を是非見てくださいね
Posted by sakko at 2013年12月10日 23:58
吉野山は近いんですね。
桜の時期でなくても風情があって良いところですね。
去年桜が終わって訪れたのですが
新緑がとても美しく風が心地よかったのを覚えています。

古民家を改装して造った天然酵母のパン屋さんのパン
お豆腐屋さんで買ったお揚げだったか
とっても美味しかったです。
景色もそうですが食べ物や味で覚えていることは
よくあります。
根っから食いしん坊なんでしょうね。。。

ますます冬らしく寒くなってきました。
金曜夜から朽木入りの予定です。
Posted by Fiora at 2013年12月11日 07:58
☆sakkoさん、こんばんは〜

仕事もやっと一段落して(私だけですが)、いろいろあれこれ
することは山ほどあるのですが、気が抜けています。
気が抜けた状態から復活するのに、最近 時間が掛かります。(苦笑)

冬枯れの山を見ただけで桜の頃や新緑、紅葉を想像できるほど素敵な
雰囲気でした。
お弁当持って行こうね、と話しています。

関西に住んで長いのに、関西をあまり知らないのです。
勿体ないですよね。
Posted by けい at 2013年12月13日 19:07
☆Fioraさん、こんばんは。

今頃はもう朽木ですね。
雪が降っているのでは?

ご多忙の12月だったようですが、お嬢さんのご結婚
だったのですね。
おめでとうございます!!
お母様の素敵なアレンジにも祝われて、喜びもいっそう
増しますね。

吉野山、意外な近さで吃驚しました。
もっとずっと遠い場所にあると思っていました。

知らないところが多いのでいろいろ行ってみたいですが、
なかなか果たせないものですよね。

天然酵母のパン屋さんとかお豆腐屋さん、すごく興味ありです。
私、食に絡むと目がらんらんとするのは何故でしょうか?(笑)
Posted by けい at 2013年12月13日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック