2013年12月26日

万年青とクリスマスローズ

この季節でも緑豊かな植物というのは、白と枯葉色ばかりの世界では貴重品。
我が家の常緑の木はモミやヒイラギモクセイ、ツバキにサザンカ、クリスマスホーリー
ぐらい。
極端なほどに落葉樹が多い山の庭なのだ。
草花では万年青、そして、寒くなると生き生きとするクリスマスローズ。
万年青(オモト)とクリスマスローズは獣害に遭わないというから、不思議。
オモト
どんどん株が大きくなる。

他の植物たちだって被害に遭わなければこうなっているのに、、、と思うのは
悔しいからなるべく意識の外に置くようにしているけれど、やっぱり「おのれ!!」
と憤りたくなるのが普通なのかもしれない。。。
私は凡人だから達観はできないなぁ。

本来の棲み処は飽き足らないと遥か土手の下に飛んで、そこでもエリアを広げ
つつあるクリスマスローズ。
すごい広がりようには呆れつつも、かなり嬉しい。
クリスマスローズ

朽ち葉を取ろうと捲ったら、下にたくさんの新子ちゃんが。。。
クリスマスローズの実生
可愛いねぇ!
ブロックの穴にもホラ!!
クリスマスローズの実生
どんな花を咲かせてくれるのかな。

ナニワノイバラのきつい棘をものともせずに食いついているのは鹿かカモシカ。
ナニワノイバラ
ホラ、鋭い棘でしょ!?
よく怪我をしないものだと感心する。

新芽は特にお気に入り。
ナニワノイバラ
何処から侵入しているのか見当もつかない。
正月休暇トップの作業は獣害ネットの総点検と補修になりそうだ。

posted by けい at 10:47| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一日おきに雨が降っているような天候が続いています
でも、例年より暖かなのかな
まだ霜柱は見ていません
オモトとクリスマスローズはどうして
食べないのでしょう。
枯葉の中から新しい子が顔を出して
どんどん増えていきますね
ナニワいばらの新芽がご馳走なんですね
鹿?カモシカ?困ったことですね
Posted by sakko at 2013年12月27日 06:55
バラも食べられてしまうんですか。
こちらでは、雪解けにカタンボが鹿に食べられているけど、
どんな口をしているんでしょうね。
それでいて有毒植物を食べないんだから、癪に障ります。
Posted by 南 常雄 at 2013年12月28日 10:45
☆sakkoさん、こんばんは。

年末になって寒さが堪えますよね。
野迫川は真っ白ですよ。
霜柱も雪の下です。

鹿かカモシカか、ナニワノイバラを食べても平気というのがマイッタ。
一体どんな口をしているんでしょう。
人間など素手で触ろうものならあの鋭い棘にえぐられて、傷跡が残り
そうですよ。

食べられないものを重点的に育てればいいのでしょうが、そればかりでは
愛想がないですよね。
いろいろ植えて楽しみたいのが人情で、、、
でも方向転換しつつあります。
Posted by けい at 2013年12月30日 19:50
☆南さん、こんばんは。

普通のバラも食べられてしまうのですけど、鋭い棘の
ナニワノイバラやハトヤバラも平気の平左なんです。
口の中が傷だらけになっていないのか。

しかし、どうして彼らは毒草がわかるのでしょう。。。
不思議です。

ところで、カタンボって何でしょう?
ネットで検索してみたのですが出てきません。
Posted by けい at 2013年12月30日 19:58
カタンボって何でしょう?
タランボの書き間違いでした。
最後の締めくくりがこれです。はんせい!

良いお年を
Posted by 南 常雄 at 2013年12月31日 22:30
☆南さん、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

カタンボって未知の食べ物かと思ってかなり
期待したのですけど。。。(笑)
食べられる野草には興味が尽きません。
面白いものがありましたら教えてくださいね!!
Posted by けい at 2014年01月01日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック