2014年04月23日

さくら、さくら。。。

庭奥の一角が白く染まると「あぁ、フジマメザクラが咲き出した」と判る。
マメザクラ2
富士山周辺に自生していたのでフジザクラと呼ばれるが、マメザクラ「豆桜」が
正しいのだそうな。別名で富士ザクラ或いは箱根ザクラ。
近畿マメザクラというのがあるので、我が家では富士マメザクラと呼んでいる。

花は小振りだがぎっしり咲くので見事である。
マメザクラ1
一ケ所に三株が植えられているのでなかなか壮観でしょ。
この桜は高木にはならないそうで、庭にも馴染みやすいよね。

マメザクラ3
小さな豆粒のような実をたくさん付ける。
時期になると鳥たちの声がこの辺りで途切れなく聞こえる。

「大阪冬桜も十月桜も今年は咲き方が寂しいね」と言っていたけれど、なんの、、、
まだ旬ではなかったということらしく、どちらも今頃、吃驚するほどの花盛りである。
「十月桜」
十月桜

「大阪冬桜」
大阪冬桜

吉野桜も咲いていたが、撮るのを忘れていた。
ログから眺めた西側の庭、遠く右側奥に写っているのが吉野。
「邪険にすると拗ねて枯れるよ」とKiiさんに脅されている。
ログから西を見る
左側手前から奥へ「紅花シデコブシ」「十月桜」「思川」と続く。

ついでにログ前の庭も。
ログ前の庭
コブシの存在感が大きい。
左奥にうっすら白く見えるのが富士マメザクラ。

思川桜はまだ蕾。
思川
思川が咲くまでは我が家の花見はお預けなのだ。
多分この週末には、美しく開花した思川の下、花見酒に舌鼓を打つ二人が居る
ことだろう。。。

次に気になるのが山桜たち。
今年の蕾はどうだろうと何度も見に行くが、まだ視認できていない。

posted by けい at 19:35| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
品種が違うのでしょうか?
単に、山の北側で日が当たらないから遅いのかと思っていましたが、
昨日、山のじーちゃんちへのドライブ中、ところどころに満開の美しい桜を見ましたよ
山の中腹に
あんなところ、誰もいかないと思うんだよね
自然に生えた桜だと思うんだよね?
桜の季節はドライブが危ないのよ〜、わき見運転厳重注意ですね

けいさんのお庭も桜の次はイッキに緑が展開してきますね
Posted by ann at 2014年04月24日 06:27
☆annさん、おはようございます。

ほんと、この季節はつい目が山に行ってます。
鳥の落とし物??
こんなところにこんな桜が、、、山桜でもなさそうだし、
などというのがあって、吃驚させられますよね。

先日は走行中、山の中腹に桃の木を数本見ました。
とっても綺麗だったわ♪
荒れ果てた山のあんなところにと???になりました。

山桜が終わるころになると草に追われ始めます。
このいっときだけだわ、花を楽しめるのは。。。
Posted by けい at 2014年04月24日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック