2014年05月07日

山菜尽くし

作業に追われていたこの連休は料理も手抜きばかり。
ただ、毎日あれこれ登場する山菜がご馳走だった。

晩霜が来なければいいのだが、今年はもう大丈夫だろうか。
山椒は昨年散々に傷めつけられ、実山椒を採ることができなかったから今年は
何とか、、、と祈っている。

山椒の花はまだ開いているものが少ないけれど、来週には旬逃しになりそうで
強引に摘んで鍋にした。
花山椒
花山椒の鍋はこの時期のたった一週間ほどが旬。
それを外したら来年までお預けという貴重なものなのだが、ワクワクの期待感
よりもハラハラの晩霜睨みで案じながら待っているのだ。

濃いめのいい出汁に、相方は地鶏だけというシンプルな鍋だが、最後は炊きたて
の白ご飯に掛けて一滴も残さないという美味しさ。
くれぐれも、雌木の花は摘まないように。。。

わさびの花に久々に御目文字。
わさびの花
例年今頃には、わさびは影も形もなかったものね。
三つ葉も今年は口に入るのが嬉しい♪
太くて柔らかく薫り高い三つ葉を、今までの悔しさを晴らすかのように思う存分
堪能している。

コゴミは一気に伸びて旬を逃してしまった。
コゴミ

コシアブラ
コシアブラ
我が家のコシアブラは僅かしかないので、摘みに行ってきた。
けっこう厳しい斜面なのでいつまで行けることか。

コシアブラは何といってもバターライスが絶品。
コシアブラのバターライス
風味を最高に活かせるのがバターライスなのではないか、と思う。

差し入れを戴いた。
差し入れ
鯛は松笠造りにしてお茶漬けにも。。。美味しかった。
ご馳走様でした!!



山菜採りのマナーがますます悪くなっているのを感じる。
採りつくしてしまったり、木を折るなども平気の平左でため息が出る。
コシアブラも何本も太い枝を折られていた。

この時期になると山菜採りの連中には何度か不愉快な思いをするのだが、今回も。
大きな車が我が家の前に止まり、子供の声が響いているので誰かなと見やったら、
大きな声で男性が「出てるやんか」
車を降りた女性がすたすたと迷うことなく隣地境界のネット脇へ。
「入られへんし、採られへんわ」どうやらイタドリ狙いらしい。
昨年ネットの継ぎ目から手を入れてバキバキ折られていたから、きっちり細かく
補強しておいたのだ。
なおも試みようとしているのでひと言申そうと歩きかけたら、諦めたのか発車
したが、どうやら昨年の犯人はこのご一党さんであるような。

近年鹿が多くなっているせいで周辺は、フキノトウをはじめとして山ブキも
イタドリも姿を見なくなって久しい。
仕方なく敷地内で保護して育てている現状なのである。
種を落としたいから食べるのを我慢しているし、場所取りで邪魔でも忍んでいる
のになんという言い草だろうと「怒髪、天を衝く」私にKiiさんが言う。
「うちのイタドリ、太くてほんとうに旨そうだものね」

posted by けい at 16:00| 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お怒りですね!
常識ある大人のすることじゃないよね
タヌキなら仕方ないけど
いやいや、カワイイ野ウサギでもアタマ来るのにね!

それはそれとして、けいさんの山菜の知識はすごいね、毎年のことながら
それは親御さんから受け継いだの?
私、ぜんまいとわらびくらいしか知らないわあ〜
あ、そうそう、あと蕗くらいね
Posted by ann at 2014年05月07日 18:42
今年の春は平和ですね。
毎回、ウサギはと心配しながらの訪問ですが
野兎がいないとこんなにも平和なのかなと思います
オダマキや一人しずかの花にのびのびと咲いていますね
私のコゴミももう伸びてしまいました。
ワサビの花、かわいいですね
花山椒鍋、いっぱい食べられるといいですね
晩霜さえなければ、今年はいい春ですね。
山菜取りの盗人もネットで防げましたね
イタドリは昔はちょっと山道い入ればありましたが
最近は見かけません。
私も土筆採りの人が畑に入るで困っています。
差し入れの魚も最高で
いい春を満喫されましたね。
kiiさんネット張りごくろうさまの連休でしたね
Posted by sakko at 2014年05月08日 06:04
☆annさん、おはようございます。

洗濯を干したりしてますから、不在ではないということが
丸わかりなのに、厚かましすぎるというか、すごいものですねぇ。
人が育てているものと野生のものとの区別は、はっきりして
いるのにね。
なかなか、ここまでは成れませんよね。(笑)

狸もウサギも鹿やカモシカも困るけれど、頭の黒い動物は一番
難儀でしょうか。。。

近畿は山菜を食することはあまり発達しなかったのかな。
だいたい年中、野菜などが収穫できるせいでしょうか。
Kiiさんも最初はワラビやゼンマイ、蕗ぐらいでしたよ。
私は北海道出身ですし、亡母の影響も大きいのでしょうね。
昔から山菜は、そうとは知らずに身近だった気がします。
Posted by けい at 2014年05月08日 07:10
☆sakkoさん、おはようございます。

今年の春、、、こんなに平和でいいのでしょうか?
ずっと、疑いつつ暮らしてます。

今まででしたら三つ葉だってギボウシだって、わさびやスミレや
スズランもちょんちょろげに食べられていましたから、こんな
姿を見ることができるなど数年ぶりのことです。

外部ネットは鹿避けですけど、怖くて野ウサギ除けのネットイン
ネットはまだ外せないでいます。
でも思うことは、、、獣害のストレスは相当なものだったのだなと。

コゴミ、今年は数回は戴きましたが、残念ながら一番の旬を
逃してしまいました。

イタドリもフキノトウや山蕗も周辺にはたくさんあったんですよ。
でもここ数年で鹿が全滅させてしまいました。
土筆も、でしたか。。。
近在では育てている山蕗も盗られるのだそうです。
囲ってあってもお構いなしだとか。。。
山菜採りのマナーはますます悪くなっていて、心底呆れ果ててます。
Posted by けい at 2014年05月08日 07:26
メタボの宿敵、バターライスは最高ですね。
バターって、和風な素材にも合うから不思議、でも美味しいですね。

昨日、山菜採りに行って、コゴミ、アキタブキ、ユキザサ、オオアマドコロ、そして帰り道、神居古潭で葉ワサビを買ってきました。すでに、おおむねお腹の中です。
先に、シャク、ギョウジニンニク、エゾエンゴサク、ニリンソウ、キバナノアマナなどを食べたので、今シーズンもなかなかのペースです。コシアブラやタラノメも来週には、採れると思います。

朗報、昨秋、ハマボウフの種をいただいて畑にまいたものが、先日、芽を出しました。生長具合はこれからの楽しみですが、栽培に光が見えた感じです。
Posted by 南 常雄 at 2014年05月09日 21:40
☆南さん、こんにちは〜

>メタボの宿敵、
ドキッ!! 今春はバターライスを三回も食べました。
は最高ですね。
お腹周りを掴みながら「何とかしなくちゃ。。。」とは
想うのですけど。(笑)

アキタブキ、ユキザサ、オオアマドコロ、おぉ、興味津々です。
シャクやギョウジニンニクは理解できますが、エゾエンゴサク、
ニリンソウ、キバナノアマナなど、これらを食べられるものの
区分に入れられる自然の豊かさが羨ましいです。
我が家では貴重な観賞用ですもん。。。

山菜の種類が豊富というのがほんとうに素晴らしいですね。
野迫川ではミズも食害で全滅傾向です。
Posted by けい at 2014年05月10日 12:01
我家でも庭に生えていると観賞用に変身しますが、春の花は旬が短いので、
1〜2度ですね。
広尾から帰ったら、ウドやタラノメ、ワラビですが、こちらは保存用も
しっかりと確保したいと思います。

エゾエンゴサク、春芽吹きの遅い広葉樹の下や日当たりの良い場所を好み
ます。花が咲き終わって、地上部が枯れる前に日陰になると、群落が移動
するのを思い出しました。

Posted by 南 常雄 at 2014年05月10日 21:26
☆南さん、こんばんは〜

エゾエンゴサクは南向きの場所で落葉樹の下に有ります。
場所的には最適ですよね。

>地上部が枯れる前に日陰になると、群落が移動する
なんと。。。

それを頭に置きながら、ほじくっていたりして。。。(笑)

広尾レポートを楽しみにしています♪
Posted by けい at 2014年05月11日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック