2014年05月28日

ライラックやツリバナ、オオデマリ

北海道は帯広の産である私の原風景にあるものは、ライラックとスズランとシラカバ。
いろいろ思い出の花や木々はあるけれど、ダントツでこの三点が、といえる。
ところがライラックとシラカバはカミキリムシの、スズランは野ウサギの恰好の餌食に
なっていた。
野ウサギが居なくなったおかげで(もう、そう思ってもいいよね!)スズランは先の
記事のとおり復活の兆しを見せはじめたが、カミキリムシはライラックの根元から
こっそり入り込み、白樺は皮の下に潜り込んでくれるのでなかなか気付くことができず、
いつも後手後手に回ってしまうのだ。
今までに枯らした白樺やライラック、、、数えたくない。。。

ライラック
ログ前の庭には現在5本のライラックが植えられている。
今度こそ、しっかり育ちますように。
そしてその株元にはスズランが咲き乱れる光景を夢見ている。

ツリバナが凄い花付きである。
見上げればずっと上の枝先まで花、花、花。
花期が長いことにも吃驚させられている。
ツリバナ
秋の赤い実が楽しみ♪

白い花たちが咲き始めている。
オオデマリ
トップはオオデマリ。
鬱蒼と茂る木々に邪魔されてうまく撮れず、上の段から写した。
オオデマリ
切り詰めても切り詰めても、すごい花付き。

ログ前の庭ではシモツケの新芽が美しい。
シモツケたち
黄金葉と緑葉が重なり合うようにして、、、花も葉も好きなのだが旺盛すぎるのが
ちょっとね。。。
これも実生を順次山に移したらいいのかも。

ハクウンボクには「いったい、どれほどぉ〜!?」というぐらいの花芽。
ハクウンボクの花芽
もう晩霜の心配はないだろうし、今年はすごいことになりそうな予感♪
紅花エゴノキやエゴノキも花付きがいいかもしれない。

クロモジの雌木は敷地内にひと株しかない、と思っていた。
発見!!
クロモジの雌木?
これって雌木だよね。
雌雄のある木ってなかなか判別しにくい。

こんなところにハナイカダが出てきたよ、あれ、これは雄木?
ハナイカダの雄木?
山椒も花が咲いてみないと判らない。

雌雄異株にもきちんとした見分け方というのがあり、単に私の注意力が足りない
というだけのことかもしれないが。

posted by けい at 19:00| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年のけいさんのお庭はちょっと違いますね。
野ウサギ、こんなに悪をしていたのですね。
花木がいっぱいですね。
私のように小さな鉢植えではなく、青空に白い花がいいですね
花いかだは雌雄があるのですね。
当麻寺で買ってきて枯らしてしまったのはどっちだったのでしょう。
ライラックは鉢植えで育てています
もうとっくに花は終わっています。
1ヶ月以上の差がありますね。
Posted by sakko at 2014年05月29日 06:31
☆sakkoさん、おはようございます。

そうでしょう!?
野ウサギの被害はそれほど大きかったということなのでしょうね。
この五年ほど泣き続けてましたものね。。。

鹿やカモシカが外から狙っているので安心はできないのですが、
こんな年が再び来るなんて思ってもいなかったですから、何だか
却って不安なんです。(笑)

平地との差は一か月は有りますよね。
今年は特に春からこちらが遅かったです。
その代り盆から先はどっと走り出しますけど。。。
Posted by けい at 2014年05月29日 10:43
紫色のライラックは可愛いですね。
朽木は白のライラックが7年目にして花を一つ咲かせました。
雪や鹿にやられては芽が出て
ようやく枝を伸ばして大きくなりました。

北海道は白樺とライラックとスズランなんですね。
けいさんの原風景に野迫川も近づいているんでしょうね。
オオデマリも旭川でたくさん見たような気がします。
北海道は白い花が多いですね。
北海道の花街道巡りをしてもう2年が経ったのですが
つい最近のことのように思い出します。
Posted by Fiora at 2014年05月29日 22:25
☆Fioraさん、おはようございます。

昔、北海道で暮らしていたときに我が家に有ったのは濃い
青紫の大きな花房のライラックだったのですが、なかなか
苗を見つけることができません。
まれに似た感じというのを見かけても高価すぎて、今までに
カミキリムシに入られて枯らした数を考えると、簡単に手を
出せなくて。。。

白のライラック、素敵ですよね♪
我が家も二株ありますが、昨年まで齧られていたものですから、
花を見ることができなかったです。
来年に期待しています。
他には北海道産という小花の紫が二株。
日向に移植したので元気になってきました。

故郷の思い出の木や花はいろいろありますけど(亡母が花好きでした)
やはり白樺とライラックとスズランがダントツです。
他にはアカシア並木やテマリカンボク、グスベリも。。。
グスベリ、懐かしいなぁ。
何度も植えたのですが齧られてしまい、でも野ウサギが居なくなった
今なら再度挑戦できるかも。
Posted by けい at 2014年05月30日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック