2014年06月10日

ナニワイバラ、ハトヤバラ、トキンバラ

バラの中でもナニワイバラやハトヤバラというのは、肌をえぐるほどの鋭い棘を
持っているのに、鹿やカモシカときたら平気の平左で食べるのだから恐れ入って
しまう。
彼らの口内はまるでグローブのようになっているのではないだろうか。。。
ここのところミョウガ以外は食べられていないので、バラたちもすくすくと育っ
ている。

ハトヤバラは少し大人しめだが、ナニワイバラは切っても抜いてもびくとも
しない強者である。
本体は移植したが残った根からまたこの通り。
ナニワイバラ
本体以上の生育ぶりで、どの枝にもびっしりの花芽を付けている。
ナニワイバラ

「ハトヤバラ」は隣地境界の際に植えてあるのだが、防獣ネット整備の折に
切り詰めざるを得ず、今年は花を見ることができそうにない。

「トキンバラ」
先に戴いた苗は齧られてしまい持ち直すかどうか微妙、これは再度嫁いできたもの
だが、二輪だけでも憧れの花を見ることができて嬉しい。
この上品な雰囲気、どう!?
トキンバラ
バラ科キイチゴ属で、中国原産とか。
トキンバラ
別名は「ルブス コマーソニー」
耐寒耐暑性に優れているということは、山庭にはバッチリの植物ではないか。
どんどん増えてほしいと思う。
一面に咲いたらさぞかし見事だろうなと早や想像の翼を広げている。

posted by けい at 18:03| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
里山を手入れしていた時、竹や雑木を皆伐すると、まずイバラが威勢よく繁殖して
その後の草刈りの際など、そりゃ痛い思いをよくしました。
あの「眠れる森の美女」で、オーロラ姫のお城って
確か、イバラに覆われて眠りについて、人が侵入して来なかったのですよね。
あんなもので覆われたら、そりゃ誰も入って来んわ!と、
山でイバラに引っかかれるたびに、そう思っていましたよ。
なのに、
鹿もカモシカも、あれが平気なんですか?食べるのですか??
なんかもう、柚子とかレモンの枝でもバリバリ食べてしまいそうな・・・・・・・・。
まったく、とんでもない口ですね。

ミョウガは残念でした。でも、ログハウスの横に残っているの、写真ではたくさん生えているように見えますよ?
まだこれから出るのもあるでしょうし、
美味しいミョウガご飯が食べられると良いですね。
Posted by ちほあるいははるの at 2014年06月10日 20:39
トキンバラ咲きましたね。
良かったですね。
野イチゴのように地下茎でどんどん下から芽が出てきますよ。
白くてフワフワしているのが可愛いですよね。

ナニワイバラは真ん中の黄色いおしべが見えますよね。
京都の自宅の近所に大きくなっているのを見て
本当に旺盛な生命力だとわかります。
これからバラの季節ですね。
Posted by Fiora at 2014年06月10日 21:51
おはようございます。
久しぶりに梅雨らしい空です。小雨が降っています
棘のある植物、私には危険すぎます。
昨日もラズベリーの棘に刺されました。
バラは見てるだけにしています。
今小さな植木鉢に植えています。
トキンバラ、いい花ですね。
すごく豪華で上品な雰囲気ですね
これが増えて一面に咲くと見事ですね。
Posted by sakko at 2014年06月11日 06:12
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

彼らはバラ全体を平気で食べるんですよ。
中でもナニワイバラとハトヤバラの棘は相当鋭いのですが、
どんな口をしているんだろうと思いますよ。

防獣ネット、敷地の二面は継ぎ接ぎなしの2mのネットで
新たに作り直したものですが、山側の二面が斜面なので
長いもの一枚では張りにくく、1mのはぎ合わせなんです。
そこの弱いところを突かれては入り込まれています。
必須案件ですね。

ミョウガ狂いですからね、私たち。。。(笑)
でも、薬味としてはあまり利用しないんですよ。
ミョウガごはんには一度にたくさんのミョウガを使いますので、
痛手です。
Posted by けい at 2014年06月11日 07:35
☆Fioraさん、おはようございます。

ありがとうございました!!
ほんとうに素敵な花ですね。
目にして、これほど美しかったのかと。。。
Kiiさんも絶句してました。

>地下茎でどんどん
いくら増えてくれても大歓迎、トキンバラなら一切拒否致しません。(笑)

ナニワイバラは壁一面に這わしているお宅がありますが、
花の時期はそれは見事なのだそうです。
私は花の季節に行き合わせたことは無いのですが、今年の
見事な咲きっぷりから想像するとさぞかし、、、と思います。
我が家の壁面に這わせたいとは思いませんけど。

Kiiさんのアイデアでは、前面道路の防獣ネットの上に
鉄線を張り、そこにナニワノイバラを這わせたらどうかとのこと。
前面道路側は防獣ネットが少し低めなので、それでカバーしよう
ということらしいです。
それもいいかもと挿し木に精出しています。
Posted by けい at 2014年06月11日 07:46
☆sakkoさん、おはようございます。

sakkoさんのほうはもう小雨ですか?
野迫川は今、どんよりと曇ってます。
鳥の声も今日は僅かしか聞こえません。
雨なら雨で室内の片づけをするのですが、空を見上げては
思案しています。

バラの棘にはきついものが多いですけど、中でもナニワイバラと
ハトヤバラは横綱級ではないかしら。
以前に手首がえぐられて、なかなか治らなかったのを思い出します。

トキンバラ、素敵でしょう?
ずっと憧れだったのですが今年初めて花を目にしました。
小花ですが優しい雰囲気で、すっかりお気に入りになりました。
Posted by けい at 2014年06月11日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック