2014年06月13日

花木いろいろ

まずは朴の木から。
朴の木
見上げると大きな若緑の葉が重なり合ってずぅっと上まで、ホオノキはこんな風に
見るのが大好き。
そろそろ花も咲いていいというぐらいの大きさなのに、今年も見ることができな
かった。
それとも気付かなかっただけ??
裏山に登らなくては花を見ることができないので、つい無精になる。

先日、朴葉蒸しにしようと言ったらまだ葉が小さいからと却下されたけれど、今度は
いけそうだよ。
アイナメとキノコを包んで蒸すだけのシンプルなものだが、これがまた最高の旨さ
なのだ。

これはコガクウツギ?
コガクウツギ?

「西洋イワナンテン」
西洋イワナンテン

「姫ウツギ」
ウノハナ
ウツギはアジサイ科ウツギ属の落葉低木で、ウノハナ(卯の花)とも呼ばれると
ウィキペディアに記載されていたが。。。
となるとウツギ全体がウノハナということ?
我が家のこれはせいぜい1メートルほどの高さにしかならないから、姫ウツギかな。

「マユミ」
マユミ
秋のマユミの実は独特の色合いがとても素敵だけれど、これだけ花が付くのに実は
あまり生らない。

サクランボのこと。
CDを吊るして防御に努めたのに、さくらんぼをヒヨドリから守ることはできな
かった。
たくさん実ったのに残念。
ヒヨドリも学習しているということは、、、ブルーベリーも危うい??
切り詰めて樹高を低くしてネット作戦、それ以外にないと思う。
しかし、まぁ、食べ尽くすとスッと居なくなるのだから、あまりのゲンキンさ
に呆れている。

posted by けい at 18:11| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花木もたくさん植えておられますね。
今朝は長袖を上から羽織ました。
雨の少ない梅雨ですが吉野川分水の水で田植えが始まります。
この週末は田んぼが賑やかになりそうです。
朴の木の花ってどんな花?です。
ウツギが今頃咲くのですね
マユミ、大きくなり過ぎて影を作るのでこの春に伐りました
実がかわいいのですが、虫が来やすいです。

サクランボは彼らにとってご馳走なのでしょうか。
私の近くのサクランボもヒヨにやられています。
CDなんて怖くない。学習したのですね。
昨年、ソラマメのアブラムシ撃退法として、スーパードライの空き缶を
棒に刺して立てて置くといいと聞きやってみましたが
効果はなかったです。
私のサクランボはある年急に枯れました。
Posted by sakko at 2014年06月14日 06:51
朴の木は朴葉蒸し、朴葉味噌を思い浮かべて
美味しそう!!と
反応してしまいます。
山道を歩いているとたまに葉っぱが落ちているのですが
どこかに生えてるんでしょうかね。

サクランボをヒヨドリにやられるなんて
良いころ合いに狙っているんですね。
ネットでもかけないとやられそうですね。
朽木は去年は初めての桃がカラスにやられて全滅でした。
今年はどうしようか思案中です。
今は青梅くらいになっているんですが。。。
Posted by Fiora at 2014年06月14日 08:56
☆sakkoさん、こんばんは〜

花の庭改め花木の庭に致します。(笑)
樹木ばかり植えてしまって、畑を作ろうと思ったら場所がありません。

朴の木の花、素敵なんですよ!!
そろそろ咲いてもいい頃なのですが、行きあえません。

ウツギはいろいろ蕾が大きくなってきて、これからが旬なんです。
遅いでしょ。
キウィもまだ咲かないんですよ。
待ちくたびれてます。

マユミは大きくなるのですか?
うちのは寒さで成長が遅いのかもですね。

ヒヨの声がするとゾッとします。
年々数が増えているような気がします。
スーパードライ、やはりそうでしたか。。。
Posted by けい at 2014年06月14日 17:18
☆Fioraさん、こんばんは〜

朴の葉は重宝ですよね。
朴葉寿司も作ってみたいなと思ってます。
ずっと朴葉味噌がこの時期のバーベキューの定番だったのですが、
最近は朴葉蒸しのほうが好きなんです。
美味しいですよ!!

鳥たちは人間よりも旬には敏感ですよね。
美味しい頃合いがどうして判るのか、ほんとうに不思議です。
防鳥ネットはあまり掛けたくないですけど、ブルーベリーの
全滅だけは避けたいと思っています。

カラス、、、このところ一日数回ですけど、集団で向いの山に居るんです。
不気味です。
Posted by けい at 2014年06月14日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック