2014年06月14日

夏ロウバイ、海南サラサ、山帰来のこと

どうしてこんなに花木ばかり植えてしまったのか。。。
流石に手に負えなくなってきて、もっと空地を残しておけばよかったと思う。
今頃になって、農作物と果樹に気持ちが移行しても遅いっていうのよね。
大きくなった木々を伐ることは、相当の覚悟がいることだとしみじみ。。。

夏ロウバイの花は優しい雰囲気でKiiさんのお気に入り。
ナツロウバイ
自分で苗木を見つけて購入したせいか、思い入れも強いようだ。

大きくなったでしょ。
ナツロウバイ

どれほど咲くの?というぐらいのたくさんの蕾。。。
ナツロウバイ

ナツロウバイ

我が家の海南サラサドウダンは、サラサドウダンと違ってボケたような頼りなさ。
海南サラサドウダン

色目ははっきりしなくてイマイチだけれど、かんざしみたいで可愛いでしょ。
海南サラサドウダン

ずっとサルトリイバラ=サンキライ(山帰来)だと思っていたら、そうともいえ
ないようで混乱している。
山渓ハンディ図鑑「日本の樹木」にはサルトリイバラ別名ガンタチイバラ或いは
カカラとなっていて山帰来の記述は見当らない。
しっかり調べてみなくては。。。 ( 乞う、情報!!)
山帰来の花
鋭い棘が痛いとKiiさんに嫌われ続け、見つけると切られてばかり。
切るなんて論外だと喧嘩腰の私である。
あの赤い実の生る様子、ほんとうにいい風情だと思わない?
知人の話によると、インテリアで実付きで売られているものには輸入物も
多いそうな。。。
それが身近にあるのだから、痛いぐらいは辛抱してください!!
それにさ、ルリタテハの幼虫の食草だそうよ。
葉も使えるし根茎は薬用というから大事にしなくては。。。
保護しはじめたら庭のあちこちに顔を出し始めた。
言った手前抜くに抜けず、それに花が咲くまで雌雄も判らないし。。。

posted by けい at 17:04| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと、涼しすぎる朝です。
私の周りも、やっと田植えが始まりました。
けいさんのお庭は花木がいっぱいですね。
ナツロウバイも見事に咲きましたね。
サラサドウダン、山路で見つけたらかわいいな〜と立ち止ります。
ホント、簪みたいですね
サルトリイバラ、これは赤い実がなるのですね。
少々棘が痛くても残して置きたいですね。
獣害の記事がないので安心して読めます。
私はアライグマにおびえる毎日です
Posted by sakko at 2014年06月15日 05:05
☆sakkoさん、おはようございます。

今朝はジャージーを羽織るような涼しさです。
いい天気になりそうですね。
海南サラサドウダンは長く垂れ下がるので、ほんとうにかんざし
みたいでしょ。
色が薄くてボケているのが難かも。
サラサドウダンほど色濃かったらもっと可愛いのですが。。。

サルトリイバラの葉は、お団子を包むなど昔から利用されて
いたそうですね。
Kiiさんもそんな思い出があるそうです。

アライグマ、獰猛らしいですね。
獣害、困ったことです。。。
昨夜もネットの外で、入られないと鹿が怒りの声を上げていました。
いつ入り込まれるかと私も恐々としています。

今年は蛇の当たり年のようでそちらにも恐々としています。
Posted by けい at 2014年06月15日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック