2014年06月22日

負けちゃいないぞ!!

新しいカメラで試し撮りしながら、「今回は被害がなかったようで嬉しいね」など
と言いつつ庭奥をウロウロしていた。
カメラ

一番奥で、ヤヤヤヤヤ!!
これはもう鹿かカモシカの仕業としか考えられないよね!
ややや、、、
呆然としていると、Kiiさんの鋭い声が響き、やおら走り出す。
「ウサギや!!」

最近は侵入逃走路を見つけるために、彼らの動向を見極めることに力を入れている
Kiiさん。
そっち、あっち、と指示してくれるが、あいにく左腰が痛むままの私は思うように
走ることができない。
何しろ彼らは「脱兎の如く」といわれるほどに、早い、早い。
走りながら出口を求めて、、、
「ここら辺から山に抜けた」というところを探って、「あぁ、此処だね」と発見
したのが、ネットの繋ぎ目の僅かな隙間。
完璧に補修したつもりでも、彼らの嗅覚は人間には想像もできないほど。

ところが、である。
食害の傾向が今回はまったく掴めないのである。
食べられている気配がないのだ。

同じような大きさではあったけれど、先日のよりも少しスリムだったような気が
するのは、ひょっとして今回の野ウサギは雄?
それとも出産を終えた雌とか?
我が家を前回同様、子育てに利用しようということ?
推理は巡る。
とにかく、、、断固戦うのみである。 「負けちゃいないぞ!!」

生きものつながりで。
今年はどうやら蛇の当たり年らしい。
ヘビ

ゆったりとして休憩中かと思ったが、どうやら お腹の中に食糧が。。。
ヘビ

長いものは苦手だ。
蛇をやたら殺生はできないが、私にはどれを見てもマムシに見える。
マムシは銭形紋で頭が三角、丈が短めでずんぐりした感じだからすぐわかるよと
Kiiさんはいう。
図書館から系列の本を二冊借り出して勉強中。
アオダイショウとシマヘビ、マムシの違いはなんとか理解できるようになった。

先日、30センチほどの幼蛇を見た。
気付いたときは朽木丸太の隙間に入り込もうとしていたところだったから、突い
ても間に合わず、大してダメージを与えることはできなかったと思うが、あれは
確かに銭形紋であった。
幼蛇を見たということは、親も必ずいるということだろう。
開拓を始めて以来庭の中でマムシを見たのはこれで三度目。
庭に出るときは最新の用心をしているが、そういう時はなかなか出くわさない
のが不思議だ。

posted by けい at 07:57| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメラを買われたのですか。
デジイチでしょうか?
わあいいなぁ♪
また使い心地を教えてくださいね。

ところで蛇の写真。
私にはマムシに見えてしょうがないのですが
本物はもう少し小さくて頭も大きな三角だったような。。。
もう2回も仕留めました。
夫は怖がって逃げていましたが。
犬が襲われたら大変だったので
命にかかわるものにはつい闘志が湧いて
私自身は戦ってしまいます。
夫は恐ろしいと言っていますが。

マムシは確か卵から孵るのではなく
蛇の形で生まれてくるんだったと思います。
以前自宅畑でそれらしき幼蛇を発見しました。
山の中ではある意味危険と隣り合わせですね。
外を歩くときはほとんどゴム長が多いです。
Posted by Fiora at 2014年06月23日 22:20
☆Fioraさん、おはようございます。

カメラはデジイチにしようかとかなり迷ったのですが、今回は
諦めました。
何しろ埃と土が相棒ですから、デジイチは安心して使えそうに
ありません。
木々が大きくなって撮りにくいのでズームが効くものというのが
条件でしたが、60Xはデジカメとしてはまだ高価なので42X
で妥協しました。
慣れていないのでぎこちないです。

蛇、これもマムシでしょうか?
マムシにしては長すぎる気がして「エイヤッツ!!」といこうか
どうか悩んでいるうちに何処へ、、、です。

私にはヘビは全部マムシに見えるものですから、ただいま勉強中です。
むやみに殺生はしたくないですし。。。
ただ、マムシの幼蛇、これは確実に銭形紋でしたから、取り逃がしたのが
悔しいです。
私も幼蛇に遭遇して以来ぜったいに長靴です。
マムシは長靴の上からでも平気なのだそうですね。

それにしても、Fioraさんの勇敢なこと!!
逃げ出さないで立ち向かわなくては。。。
Posted by けい at 2014年06月24日 05:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック