2014年07月05日

クモキリソウ

何だろう??と開花を待ちかねていた草花は、どうやらクモキリソウだった
ような。
「スズムシソウなら最高だったけれど、クモキリソウか。。。」そう呟く私に
「こういうのが自生している環境が素晴らしいじゃないの」とKiiさん。
クモキリソウもスズムシソウも共にクモキリソウ属に属する。

葉の一部が波打っていたから、クモキリソウではないかな。。。とは思った
のよね。
でも波打っていたのは極一部だったからひょっとして、、、などと甘い夢を
見たのだった。

これは裏山の自生。
クモキリソウ

ズームしてみた。
クモキリソウ

こちらは育樹園に移植したもの。
クモキリソウ

スズムシソウはいかにもスズムシという形態だから理解できるが、クモキリソウ
(雲切草)はどういう意味合いで名づけられたのだろうか?

追記
ウィキペディアによると「蜘蛛切草」「蜘蛛散草」「雲霧草」の記載がある。
由来は「蜘蛛切草」の蜘蛛?
山渓ハンディ図鑑2「山に咲く花」ではずい柱の先端はカマキリの頭状となって
いる。
蜘蛛にカマキリ、、、ますます混乱してきた。

posted by けい at 18:18| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間、山野草好きの同級生のⅯさんにけいさんちのスズムシ草の話をしたら
羨ましがっていたのに
クモキリソウでしたか。
クモキリソウが自生しているっていいですね。
私も蜘蛛をイメージしますね。

今年は珍しい花がたくさん見られますね。

キーウィ、私は摘果していません。
Posted by sakko at 2014年07月06日 06:15
☆sakkoさん、おはようございます。

スズムシソウ、ほんとうに期待していたんです。
見たかったなぁ。。。
かなりガッカリしています。
クモキリソウは名前からは蜘蛛を連想しましたが「雲切草」
になっていたので???でした。

スズムシソウは花のイメージがそっくりですけど、クモキリソウは
どこから蜘蛛なんでしょう。 不思議です。

キウィの件、ありがとうございます!!
Posted by けい at 2014年07月07日 05:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック