2014年07月07日

今咲いている草花たち

食害で久しく見なかった花たちが次々と咲きだしている。

このところ大きな図体の野ウサギを数度目にして山へ追い払っているが、花たちは
食べられていないのが不思議でならない。
昨夜は「入られない」と怒っているのか、裏山側の獣害ネットの外で鹿の鋭い声が
聞こえた。
数年ぶりの平穏な日々がこのまま続くようにと願っているが、この先どうなること
か。。。

これはお嫁入りしてきたもの。
ベンケイソウ?1
寒さに強くてとても丈夫なので、下草にいいかもしれない。
ベンケイソウ?2
ずっと根際まで食べられていたので、今年初めて花を見た。
図鑑ではベンケイソウ科キリンソウ属の仲間に似ているけれど、それにしては
葉が大きいような。
これは園芸種?

「ムラサキツユクサ」
ムラサキツユクサ
もうとっくに花が終わったと思っていたら第二陣が咲き出した。

消えたと思っていた白っぽいほうも復活。
ムラサキツユクサ

花の形状が少し変わったものも登場。
ムラサキツユクサ

苞は葉状、まばらか密に毛があるのがオオムラサキツユクサというが、ムラサキ
ツユクサにしては我が家のものは草丈が小振りすぎて私はまだ混乱している。
ムラサキツユクサ
よく見ると極まばらにではあるが微かに毛が見えるような気もする。
君は「オオムラサキツユクサ」なのか。。。

花はしょぼいけれど「アスチルベ」
アスチルベ
赤だけしか残っていない。

ウサギギクも少しずつ復活
ウサギギク

開拓当初は「ニワフジ」を斜面の土留めにしようなどと考えたのだった。
sakkoさんの書き込みを拝見して親元に再確認したら「ニワフジ」とのこと
でしたが、調べてみたら、「クサフジ」のような。。。
訂正いたします。
sakkoさん、ありがとうございました!!

斜面を覆いかけたところで野ウサギや鹿が侵入し始め、計画はおじゃんになった。
ニワフジ
数株だけだが復活の兆し。
再び花を見ることができるなんてと、感激している。

「食べられてしまうかもしれない花など、もう植えるものか」
そういいながら、ダイモンジソウを買い込んでルンルンしている私、懲りない
ですね。。。(笑)

ニゲラの種って可愛い♪
ニゲラの種
こぼれ種でたくさん増えますように。。。

posted by けい at 05:45| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大型台風が沖縄に近づいています
近畿には金曜日に近づきそうです。
野迫川は今も花盛りですね
ムラサキツユクサはあちこちに増えていきますね
私のは、ピンクのムラサキツユクサです。
なぜ、ピンクツユクサと言わないのかな?
アスチルベ、我が家のは赤だけが無くなりました。
ウサギギクは山野草だと言って鉢植えで育てていたのですが
地に下ろすとすごく大きくなっています
庭藤は草フジにに似ていますね
この草フジが堤防にどんどん増えています
ニゲラは花も種もかわいいですね。
台風が心配ですね
Posted by sakko at 2014年07月08日 07:05
☆sakkoさん、こんばんは

大型台風、不気味ですよね。
一昨年の例の土砂ダム災害を起こした豪雨や、昨年の短期間に
集中した大雨や、その傷跡もまだ癒えていない野迫川村です。
何事もなく行きすぎてくれますようにと祈る思いです。「

クサフジの件、ありがとうございました!!
親元に確かめましたらニワフジとのことでしたが、調べてみたら
どうやらクサフジのようですよね。
記事も訂正しておきました。

ただいま青菜に塩の状態になってます。
暑くて煮えそうです。
山の気候に慣れて帰阪するのでかなり堪えてます。
Posted by けい at 2014年07月08日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック