2014年07月17日

草だらけの庭で。。。

この時季になると彩りよい花が極端に少なくなる山の庭だけれど、今年はいつも
よりもずっとそれを感じるのは、多分草が伸び放題だからなのだろう。
この数週間満足に草抜き作業ができなかった結果がこうなる。。。
「お尻を叩いて走らなきゃダメだなぁ」と言ったら、「ニンジンをぶら下げる
ほうが効果があるんじゃない?」って、まったく失礼だなぁ。。。

ハンゲショウは半夏生には白くならないのが季節が遅い山の庭。
ハンゲショウ
庭奥の通路いっぱいに張り出して、足の踏み場がない。
草刈り機で一気に行きたいKiiさんには相当の顰蹙を買っている。

エキナセアって色が出る前もなかなか素敵だね♪
エキナセア

鉢植えのまま水枯れでクッタリになっていたタカノハススキは、獣害ネット脇の
穴ぼこに植えておいたら見事に復活。
タカノハススキ
斑も出てきたから吃驚した。

コンテリクラマゴケ
クラマゴケ
コンテリは涼しげで大好き。

この草、なんでしたっけ?
???

雪割草がとても元気だ。
ユキワリソウ
このまま食べられずに育ってくれたら、来春は一面の花を期待できそうだ。

花色はヤマツツジとそっくりだが、まるで草のように這い樹高は一向に高く
ならないツツジ。
ツツジ

シモツケは暑さにも寒さにも強くて丈夫だから、こまめに手入れできない山庭
には重宝だが、少々強すぎるのが難でもある。
実生でボコボコ、なのだ。それも先祖帰りか青葉の赤花が多い。
シモツケ
これは黄金シモツケのほう。
バッサリと切り詰めすぎた源平シモツケは、今年は咲かないかもしれない。
私はどちらかというと白花のほうが好み。

カラスウリが消えてしまって寂しいと言っていたら、道路際に見つけたよ!!
カラスウリ
これは雌雄、どちらだろう。。。
実が生ったら嬉しいなぁ。

この青空と暑さ、クマゼミも喚きたてている。
もう梅雨は明けたんじゃない?
山の庭の主役はヒグラシでいかにも涼しげなんだけど、クマゼミは暑苦しさ
を倍増させるね。

posted by けい at 16:42| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック