2014年11月05日

きのことおからとちりめん山椒

雨が降った後のキノコはぼってりと濡れているのであまり摘みたくない。
少し乾いてからのほうがいいのだけれど、一週間後になると開ききってダメに
なると言われて仕方なく収穫してきた。
やはり以前に植えたホダ木にはまったく生える気配なく、これは昨年僅かだけ
植菌したもの。

傷みが早くてすぐに黒くなるので、クリタケは今まで家内で食べるだけだったが、
試しに送ったクリタケが殊のほか気に入った様子の娘一家。
シャキシャキ感と香りが何ともいえないとのこと。
クリタケ
雨上がりのクリタケは可愛い姿をしていない。。。

なめこも少しだけ出ていた。
ヒラタケとナメコ
白いのはヒラタケ。


山椒が苦手だったゆうちゃんが、最近山椒の粉やちりめん山椒を好むようになった。
山椒の木を増やし続けてきた甲斐があったというもの。

薪オーブンの天板は時間が掛かる煮炊きものに重宝する。
薪割りという労力は要するけれど、無料の熱源は大いに利用しなくちゃね。
ちりめん山椒を作る

ちりめん山椒、手前はゆうちゃん家用、奥は鷹の爪を入れて我が家用にする。
ちりめん山椒を作る
おからも煮ている。
ちりめん山椒とおから
小分けして冷凍する。

ちりめん山椒もおからも時間に追われた日の娘の「お助け」になるだろう。
きのこや間引き菜と共に宅急便を仕立てる。
そうそう、追熟した少し大きめのキウィを前回の荷に詰めたのだが、それがとても
美味しかったようで、要請により残りのチビキウィも同梱した。
これほど気に入ってもらえるとは思ってもいなかったから、とても嬉しい。
キウィ棚拡大作戦が我らがミニ果樹園の来年一番の課題になりそうだ。

薪の原木を玉切りしている際に自然生えのキノコを発見した。
ヌルッとしていてナメコみたいだよ。
自然生えきのこ

図鑑と首っ引きで調べてみたが、榾木栽培のナメコとはあまりにも違うし。。。
図鑑の中の似たものにも食用可あり不可もあり、美味しそうではあったけれど
怖いので食べないことにした。
自然生えきのこ

木々の葉がハラハラと舞い落ちる庭。
いつの間にか、前面道路のガードレールが枝越しに透けて見えるようになっていた。
今の庭
裸木ばかりの庭になる日もすぐ。。。

posted by けい at 07:56| 奈良 | Comment(6) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はすんなり秋が来て冬が来ますね。
「残暑厳しく」の言葉を聞かず秋になりました。
そしてもう冬。畑にはまだ夏の名残のピーマンとトマトが頑張っています。
けいさんちはもうすっかり冬支度が整って、薪ストーブの日々ですね。
チリメン山椒、美味しいですね。
オカラも大きな鍋に、これは宅急便に入れられませんね。
キーウイ、大喜びでよかったですね。
来年は棚を広げてたくさん収穫できそうですね。
私もCちゃんへの宅急便、送るのが楽しみです。
自家製キノコ、いいですね。
でも、珍しいのは怖いですね。
惜しいけどやっぱり廃棄ですか。
Posted by sakko at 2014年11月06日 00:51
キノコの記事には何より先に目が行っちゃいます。

けいさんこんばんは。

自家製でこれだけのキノコが一斉に取れたらホクホクですよね。 きのこも一種類じゃなくって何種類も入っていると食べた瞬間に「あっ!これは○○これはXX!」っていう感じでいろんな歯ごたえと味を楽しめますし・・。 特にまだ若いしっかり緻密なキノコを口にするとラッキーって思っちゃいます。 ってこれは混ぜご飯の話ですけど・・。鍋も一緒ですね。

食べなかったきのこ・・・似て非なるもの一杯ありますからねぇ・・
裏がよく判らないんですが・・・ひだひだじゃなくラクヨウのような管口のあるタイプなんですか?

薪オーブンってすごいですね。 けっこうな大きさの鍋だと思うのですが、一度に2つも3つも置けるなんて・・・・。 温度調節は何か間に入れたりして加減するんですか? 燃料代がタダで、煮炊きしてれば適度に乾燥も防げるし・・身体にも財布にも有難い・・もちろんオーブンで焼きも出来る。一石三鳥?四鳥?ですね。

この記事もそして↓の記事も・・秋深しっていう感じで・・こんな中に佇むってやっぱ憧れますよ。 でもこれらの木はもともとあった木じゃないでしょう? 我が家の庭が木に囲まれるのはあと何年先やら・・。
Posted by あいやばば at 2014年11月06日 01:48
☆sakkoさん、おはようございます。

長期予報では今年は残暑が厳しいといっていた気が。。。
秋も早かったですね。
冬は厳しくないとか聞きましたが果たして当たるでしょうか?

まだ薪割りが大分残っているのですが、それが終われば冬籠り、、、
いえいえ、今冬は寒さもなんのその、Kiiさんのお尻を叩いて
ログ内の整備に努めたいです。
遅れた分を少しでも取り戻さなくては。

きのこや卵や果物は普通便ですが、ちりめん山椒やおからは
小分けして冷凍し、冷凍便にて発送致しました。

キウィ、この調子では相当数でも消費してしまいそうですよ。
Kiiさんも力が入っているようです。

美味しいものは自分の口より子供たちに、、、と思いますよね。
親心、じじばば心だわねと苦笑いです。
Posted by けい at 2014年11月06日 06:51
☆あいやばばさん、おはようございます。

あいやばばさんはきのこからずっと遠ざかってますものね。
キノコ狩りがしたくてうずうずしているのでは。。。

やはり昨年の植菌ホダ木以外には出てこないのです。
残念だなぁ。
キノコが無いとなると寂しいですし、やっぱりこの冬も
少しだけホダ木の用意をしようかと話しています。
伐って引き上げて運んで、これがきついんですよね〜

私はクリタケのシャキシャキ感が好みなんですが、弱いキノコ
なのでそれが難です。

きのこはご飯も鍋も美味しいですよね。
キノコから出る出汁の美味しいこと、今ね、きのこうどんに
填まっているんです。

捨ててしまったキノコ、食べられるものだったのかもですね。
もっとよく観察しておけばよかった。
表面はぬるぬるしていて、一瞬ナメコかなと小躍りしたのですが、
たまたま摘んできたホダ木ナメコとは全然違う気がして怖くなり。。。
裏を見なくてはいけないのですね。

薪オーブン、そうです。
一石四〜五鳥の値打ちはありますよ。
大きな鍋が4個乗る天板は、煮炊きものをしなくてはという強迫観念に
駆られます。(笑)
場所によって火の当りが違うので、煮る、炒める、蒸すとそれぞれ考え
ながら調節します。
コトコト煮るものには特に適している気がします。
今度は参鶏湯を作ろうかなぁ
そうそう、この冬はケークサレの要望を受けているんですよ。

樹木は植え込んだものもありますが、自生や自生を移植したものも
かなり多いんです。
杉が生えていた頃は小さくなっていた木々が、一気に成長しはじめて
スクスク。
実生の木を発見すると嬉々としています。
Posted by けい at 2014年11月06日 07:16
食料品を子供たちに送ってやるのって
エネルギーは要りますが
孫や忙しい子供たちの少しでもお助けになると嬉しいですよね。
それも自然の物ばかりで安全だし
美味しい物や珍しいものはついついこちらで消費せず
とっておいて送ってやったりします。
パンも作ってよく送っています。
喜んで食べてくれる者がいるので作り甲斐はありますね。
送ってやる気持ちは本当に良く分かるなぁ

私も先週は船橋に引っ越した息子家族へ
今週は双子を妊娠している近くの娘夫婦に
何かと作って届けています。

仕事の合間に料理は
ホッとストレス解消にもなったりします。
雑でいつも味が違う料理ですが。
そういう時にけいさんの山での料理はとても参考になります。
おからもおいしそうですね。
味は何で付けているのですか?
Posted by Fiora at 2014年11月06日 14:24
☆Fioraさん、おはようございます。

荷物を詰めるときは喜ぶ子供たちの顔がチラついていません?
美味しいものを戴いたら「アッ、送ろう」
珍しいものを見つけたらこれもまた「アッ、送ろう」
送料は馬鹿にならないのですが、荷物はついつい大きく重く
なっていきます。(笑)
親ってそんなものなんですよね。

娘たちの要望により、この冬はケークサレ作りに忙しくなりそうです。

>雑でいつも味が違う料理ですが。
ご謙遜を。。。
私のいい加減な間に合わせ山賊料理と違って、いつも丁寧にされて
いますもの。
見習いたいと思っていますが、生来の無精者は修正が効きにくいです。

おから、、、娘一家も薄味でシンプル派なものですから、複雑なものは
入れないです。
出汁は使いますが他には三河みりん、しょうゆ、塩だけなんですよ。
Posted by けい at 2014年11月07日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック