2014年11月06日

野の花をいくつか

木々の葉が舞い落ちる中を散策するのは楽しい。
小道に日差しが届くようになったせいか、明るくなった庭奥への道を歩くと、
「アレッ!?」
そう振り向かせるところから、ミカエリソウ(見返草)の名がつけられたのだとか。
ミカエリソウ
彩りが少なくなった初冬の庭で、すくっと立っている花はとても目を引く。

ミズヒキは花をじっくり見ようと思っているうちに終わってしまった。
「赤花」
ミズヒキ赤花

「白花」
ミズヒキ白花
我が家の自生種は赤花の緑葉と斑入り葉の二種で、これはお嫁入りしてきたもの。

ホトトギスがまだチラチラと咲いている。
ホトトギス

ホトトギス
冷え込みが厳しくなってくると花色も冴えるのか、美しい。

コンギク
コンギク
薪の原木が積み上がっていたので圧迫され、今年は乱れ咲きというか、群れ咲く
様子がイマイチだった。
来年に期待している。
コンギク

コンギク
この色が大好き♪

posted by けい at 07:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック