2014年11月14日

落ち葉の庭とリンドウ

木々の葉が舞い落ちている様子を眺めるのは飽きない。
そんなことをしている余裕はないと言いながら、青空が見えてくると辛抱できずに
ちょこちょこと庭の散策に出る。

此処はクリスマスローズが勢力を広げているエリア。
落ち葉
落ち葉がびっしり敷き詰められている。
私はまったく手を掛けないのに、この落ち葉が栄養になって植物を育ててくれる。
町では嫌われものの落ち葉が我が家では貴重品なのだ。

見上げるともう裸木ばかり。
裸木ばかり
桃色ナツツバキ、ナツツバキ、ヤマボウシや英彦山ヒメシャラの枝が重なり合って
いる。
一段上に黄葉が見えるのはケヤキ。
今年はケヤキもそうだが、モミジなどの紅葉がとても素晴らしい!!

落ち葉の中に青い色が鮮やかに目を引く。
リンドウ
獣害を避けられたおかげでリンドウが増えていた。
リンドウ
見渡すとこちらにもあちらにも。。。

ツルリンドウはどうだろうと探しに行く。
肝心のツルリンドウには会えなかったが、石垣の間から窮屈そうに顔を出して
リンドウが咲いていた。
リンドウ
石垣に根付いた羊歯の間からも幾つかのリンドウが。。。
自生種が育つのはとても嬉しい。

posted by けい at 07:00| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
今朝はずいぶん寒いですが、心配した霜は降りて無かったです。
其方はすっかり裸木になりましたね。
落ち葉の中のリンドウ、いいですね。
自然の肥料が一番いいですね。
sakkoさんちの柿、甘いねと言われますが
肥料はやったことがありません。
草取りした草と落ち葉が肥料です。
一番上の写真のコーナー、綺麗にされていますね。
私の所は草の種が服に付くのが嫌で、まだ草原のままです。
Posted by sakko at 2014年11月14日 07:39
☆sakkoさん、こんばんは。

町に帰ると、ダウンジャケットや厚手のフリース、オーバーコートと
皆さんが厚着なので吃驚しました。
でも流石に今日は私も薄手のジーンズのジャケットから少しだけ厚く
しましたが、中は半袖一枚です。(笑)
どこもかしこも暖房が行き届いているものですから、ひとり見苦しく
汗をかいてます。
エネルギーの節減のために一枚多く着ればいいものを、と少し冷めた目で
見ていますが。

リンドウ、今まで食べられてばかりでしたからなかなか増えなかったのですが。
今年は獣害を避けられたお蔭で平和で嬉しかったです。

自然の堆肥は地力を高めてくれると聞きました。
キウィの根元にもしっかり落ち葉を漉き込もうと思ってます。
Posted by けい at 2014年11月14日 20:52
腐葉土が沢山で自然の栄養になっていくのは
山本来の姿ですね。
朽木は杉林が多く
父が生きていたころは
庭や畑に漉き込むために山の中に入って
落ち葉を集めたことが思い出されます。
落葉樹は季節を感じれて本当に良いですね。

早く朽木に様子を見に行きたいと思っています。
土曜日辺りには行けそうです。
Posted by Fiora at 2014年11月16日 23:12
☆Fioraさんへ

そうですよね、落ち葉を集めて漉き込んでやれば数年でいい土になるの
ですから、自然の力は有難いです。

うちも前身は杉山ですし、おまけに田んぼだったものですから粘土質で、
土の状態は非常に悪かったです。
杉を伐採、抜根した後に落葉樹をせっせと植え、また自生の木々が育つ
ようになって、少しずつ変化してきました。

上の段などはまだ落葉が少なく、土は堅くて締まってますよ。
何とかしたいのですが、落ち葉を運ぶだけでも大仕事なものですから、
手が回らなくて。。。

今週末は天気が安定していたらいいですね。
我が家も数日休んで薪仕事を片付ける予定なのですが。
Posted by けい at 2014年11月17日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック