2014年12月04日

茶の木と月桂樹

お茶の花が咲いているな、ゆっくり撮ろうと思っているうちに寒さ焼けして、大方が
茶色くなってしまった。
陽だまりに僅かに残っていた花。
茶の花
今年も茶の花の天ぷらを食べ損ねてしまった。

庭仕事をしていてよく目につくのが山椒と茶の実生苗。
苗木というのも憚られるほど小さいものばかりだが、一人前にそれらしい姿を
しているのが可愛い。
「しっかり育ってね」とつい声を掛けてしまう。

茶の木も山椒も勝手に好きなところに根付いてくれるので、閉口している。
山椒は移植できるが、茶の木は一ケ所にまとめようとして失敗ばかり。
移植には向かないのだろうか。
小さいうちに移してしまえばいいのかも。

月桂樹は雌木がイマイチ元気がないが、雄木はすくすく育って優良児。
花芽もたくさんついている!!
寒さにはあまり強くないので、重い鉢をデッキまで運び上げて軒下で保護して
いる。
月桂樹
月桂樹は香りだけのものだと思っていたが、天ぷらなどにはどうだろう。
Kiiさんはシガシガしていて美味しくないと思うよというのだが、茶の葉も
椿の葉も食べられるそうだから、一緒に試してみよう。

昨年は挿し木が上手くいかなかったが、今年は今のところまだ葉が残っているので、
期待できそうだ。

ラベル:茶の木 月桂樹
posted by けい at 15:11| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は予報より暖かい雨でした。
お茶の花、風情がありますね。
お茶は植えなかったのに一人ばえが育っています
山椒は何回買ってきて植えても2〜3年で枯れます。
園芸店のお姉さんに勿体ないからもう植えなと言われました
土があわないのでしょうね。
隣の大きな山椒をもらっています。
月桂樹に雌雄があるのですか。
我が家の月桂樹は息子が成人式にもらってきた記念樹で
もう30年以上たちます。
おおきくそだっています。花は咲くのですが実がなりません
雄木でしょうか。
Posted by sakko at 2014年12月04日 23:41
☆sakkoさん、おはようございます。

お茶の花って可愛いですよね。
蕾もコロンとしていて白玉のようです。
sakkoさんちも一人ばえですか!?
うちもそうなんです。
前身の田んぼの時代に畔などに植えたものが、杉を伐採した
後に顔を出したのだろうと思っているのですが。。。
山椒や茶の木、ツバキなどの実生を見つけると嬉々としています。

月桂樹は雌雄異株らしいですよ。
うちのは小さいのが雌木らしくて、花は少し地味系です。
雄花のほうが華やかな雰囲気ですよ。
鳥と一緒か、、、と可笑しいです♪

もう30年経つの木というと相当大きいのでしょうね。
地植えでしょうか?
凍てにはあまり強くないらしく、山庭では地植えにできなくて残念です。
Posted by けい at 2014年12月05日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック