2015年02月07日

過信のツケ

体力、馬力、根性には常日頃自信を持ち、身体も年齢に比較すると柔軟であると
自負していたから、山の作業などもとことんやり抜いてしまうという悪い癖があり、
オーバーワークで右膝を痛めてしまったのが昨年末。
「S病院ならリハビリの方法もしっかりレクチャーしてくれるのだから、早く行く
べし」とKiiさんには何度も言われていたのだが、そこがまぁ、病院が大の苦手
の私のこと、のらりくらりとかわして二か月。
何しろKiiさんはS病院とは14年前からのお付き合い。
リハビリ診療に対する同病院の姿勢を高く評価し、信奉して久しいのだ。

私も今までにオーバーワークで左肩や左大腿部などを痛めることがあったが、
少し長くは掛かっても自力で治してこれたのはS先生が書かれたこの本のお蔭。
新書




湿布を貼るなどして少し良くなっていたところに今回また荒仕事をし、今度は
立ち上がるたびに鋭い痛みを伴うようになったからどうにも仕方がない。
本を読み返し、意を決して病院の入口へ辿りつくまでの時間の長かったこと。。。
Kiiさんには‘ほとほと呆れた’という顔をされている。

痛み止めを飲み、リハビリメニューを家でもしっかりこなし、現在は鋭い痛みから
鈍い痛みへと変わってきた。
それにしても、痛み止めってすごいね。
日頃薬剤を飲んだことがないせいか、よく効きすぎて眠くて仕方がない。
平生、私の薬といえばスギナ、ドクダミ、桑に梅、生姜、ニンニク、花梨だもの。

膝を痛め、電気は落ちてと腐っていたところに「縁起物を見つけたから」と娘から
の宅急便。
06d.jpg
吹き寄せが大好きなのを覚えていてくれたのね。
羊の焼き絵が可愛くて、小さな金平糖や生姜糖も美味しくて、一気に気持ちが
和んだのだった。

posted by けい at 16:00| 奈良 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
膝の痛み大変だったんですね。
本当にお大事にしてください。
動いて直すというのは本当だと思います。
でも動かし過ぎはやはり悪化するのかも。
日頃通っているヨガの先生は
痛いから動かさないのではなく
痛たくない方から少しずつ動かし続けるのが大事
そう言ってストレッチをし
筋肉を鍛えるのが大事と言っています。
でも私も痛んだところの治りが
以前のように早くなく
もうずっとこのままかしらと思うこともありますが
日頃のヨガのおかげでどうにかこうにか動けています。
水中ウオークも良いようです。

娘さん
お母様思いですね。
ありがたいですよね。
きれいな吹き寄せですね。
Posted by Fiora at 2015年02月07日 16:56
膝の痛み和らいできてよかったですね。
良い病院ですね。
病院に行ってもレントゲンを撮って、湿布薬をもらって終わりと言うのが
ほとんどです。
私も時々左足のひざが痛みます。
そして長く立っていたり、歩くと腰のあたりに鈍痛があります。
ヨガに行ったりテレビを見ながら柔軟体操をしたりしています。
内科に行ったついでに湿布薬をもらっています

娘さんからの贈り物、いいですね。
美味しそうな吹き寄せ、

今朝は朝から小雨です。其方は雪でしょうか。
Posted by sakko at 2015年02月08日 07:48
☆Fioraさん、こんばんは〜

今回は渋々ながら病院に行かざるを得なかったです。

S先生も「痛みは身体に有害だから薬による弊害と使わないことに
よる影響を天秤にかけて、、、上手に使いなさい」と言われてます。
大丈夫な部分が弱ってしまわないように、動きながら治すことが基本
なのでしょうが。。。

薬は飲みたくなかったのですが、今は飲んでますよ。
なるべく、そこそこで切り上げたいと思っています。
Posted by けい at 2015年02月08日 18:00
☆sakkoさん、こんばんは。

治った訳ではないのに痛みが少し和らぐとつい動いてしまって。。。
懲りないですねぇ。(笑)

リハビリも含めて医療に対する姿勢が違うんですよ、この病院。
Kiiさんに聞いていましたから判ってはいたのですが、やっぱり
病院行きは気が臆します。

痛みがきついときはリハビリも少なくするなどの加減をしながら、
でも自分を甘やかさずに頑張ってます。
「方向性をサポートしていただきながら、自分で治す」が基本ですものね。

sakkoさんも痛みがあるのですが。
無理をしないでくださいね。

野迫川はメチャ冷え込んでます。
凍み豆腐がよくできそうです♪
Posted by けい at 2015年02月08日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック