2015年02月24日

待望のエコカラット

着々と進んでいた風防室工事の腰貼りは此処まででアウト。
風防室工事
「もう、、、材料はちゃんと用意しておいてよ。君のお役でしょ!!」

照明を取り付ける。
風防室工事
これもそうなのだが、我が家の照明器具はほとんどが20年前のもの。
妥協できる家を建て納得のいくインテリアをし、照明もとことん考えて選び、
阪神淡路大震災後にその家を手放し、以来ずっと大切に保存してきた照明器具が
やっと再登場することになった。
きらきら輝く照明を見ながら、ほんとうに感慨深い。。。
風防室工事

手造りの家は頑丈だけれど武骨で、お洒落っぽさはまったくない。

雑誌や新聞の取材で訪れた記者さんたちも多いが、心に響く言葉を残して下さった
方がいる。
「自分で家を造るということは、生涯楽しめる究極の遊びを手に入れた
ということですね!!」

大上段に振りかざす人が多い中で、淡々と造っている、そこに共感を覚えると。。。

不便を耐え、忍び、ひとつ山を越える度に感じることができる達成感と喜び。
それを体感できることが、ささやかだけれど私たちの最高の幸せなのだ。。。

さて、腰貼りの杉板が切れたおかげで段取りを替え、次回に一気に張り上げる
つもりだった待望のエコカラットが登場。
03d.jpg
室内用には厚さ4ミリ(矢印のもの)のエコカラットを使うつもりだが、風防室は
厚さ8ミリのもの。
厚い分、吸湿性も吸臭性も高いだろう。
エコカラット

この壁面を貼ってたところで時間切れ。
エコカラット
後一日で風防室の壁面工事は完了予定。
窓用の建具を三組(うち二枚は嵌め殺し窓)作らなければならないが、それは
少し暖かくなってからのことになるだろう。

posted by けい at 07:44| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おしゃれな照明、影の演出も良いですね。
Posted by 南 常雄 at 2015年02月24日 11:51
けいさんこんにちは。

照明・・いいですねぇ。 風除室用なんですよね? なんか小生だったらもったいなくて、部屋の中に引き込みたいです。 いくつも同じのがあるんですか?

エコカラットもいよいよ貼られて室内の湿度コントロールもばっちりですね。
風防室を8mm厚にする理由は? より湿気が多く運ばれてくるから?

淡々と作る・・ってのはいいですけど・・けいさんとこはほんとにスパンが長〜〜い。 小生もやりたかったけど・・もしやったとしても果たして細君の協力を受けられるかは?マークです。途中できっと挫折してます・・・。

Posted by あいやばば at 2015年02月24日 16:04
☆南さん、こんにちは。

木の天井にはイマイチ合わない気もしますが、愛着があり。。。

ログに似合うものを新しく買うことにも抵抗がありまして、
いいや、使っちゃおうとなりました。
Posted by けい at 2015年02月25日 15:06
☆あいやばばさん、こんにちは。

風防室を8mm厚にする理由、
風防室は居室内よりもエコカラットを貼る面積が少ないので、
厚いものの方が調湿や吸臭に役立つだろうと、実験です。

生涯の遊びといってくださる方も内心は呆れているかもです。(笑)
もう大概ゆっくりしたいと思いますけど、懲りない二人ですから
キリがついたらまた何か造りだしそうな気がします。

照明、元は白っぽいクロス張りに合わせたものだったので、木調では
少し違和感があるのですが、利用しなくては勿体ないですし。。。
大事に運んだ照明が幾つか、どれも懐かしくて感無量です。
Posted by けい at 2015年02月25日 15:20
完成間近ですね。
天井の照明器具、灯りをともすと
影がいいですね。
エコカラットは優れものですね。
風防室と言うのがもの珍しく
北国もお家のように思われます。
Posted by sakko at 2015年02月25日 23:52
☆sakkoさん、こんばんは。

風防室は小さな空間なんですけど、手間はイッチョマエ掛かるんですよね。
なかなか大変なんだなと、見ていてつくづく。
でも、甘やかさずにお尻叩きをしてますけど。(笑)

風防室という扱いは珍しいのでしょうね。
昔の家の、入口を入ったところにある三和土などはそんな役目も果たして
いたのかも。。。
Posted by けい at 2015年02月26日 17:58
けいさん、幾何学的なデザインと影、本当にすてきです!
sakkoさんが言われているように、けいさんの原点は北国のですね。
Posted by 南 常雄 at 2015年02月27日 21:52
☆南さん、こんばんは。

北海道は厳しい暴風雪のようですね。
被害状況はどうでしょうか?
大事ないことを祈っているのですが。。。

私の原点、、、すべてにおいてといえるほど、北を指していますよね。
食べ物も気候も暮らしも気性も、、、

帰りた〜い、帰れないという心情、宥めながら暮らしている、と言って
も過言ではないかも。

そうそう、
再び獣害に遭うかもしれないという危機感もあり、樹木の裾を彩る草花
はなるべく毒性のあるものをと考えているのですが、ルピナスなども効果が
ありそうですね。
でも、スズランが食べられたことを考えると、果たしてどうなのか。。。
Posted by けい at 2015年03月01日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック