2015年04月28日

頑張ってはいるのです

毎日、ヘロヘロになるまで頑張ってはいるのです。
食い意地が張っている人(Kiiさん)も珍しいことに夕食など食べたくない、要らないという
ぐらいまで疲れ果てて。。。
雨が降らないイコール作業が捗るという図式にはならないもので、連日のカンカン照り
に進捗状況極めて悪し。

昨秋に手を入れた場所は土もこなれていて畝も作りやすい。
菜園計画

朽木は崩せる部分は土に返し固い部分を運び出す。
運び出している朽木
Kiiさんはチェーンソーで小切り、私が一輪車で運び出す。
山がどんどん大きくなる。

今頃こんなことをしているのは遅すぎるのだが、菜園計画に取り掛かろうとした
ときは雨ばかり続き、その後は手張る仕事を抱えていたので仕方がない。
いつかはしなければならないことだから、今が適期だと思うことにしている。

半分片付いた。
半分片付いた
朽木が積みあがっていたときはそうとも思わなかったが、結構広い。

まだ半分残っているのだが、いつかは終わるさ。
まだ半分残っている

降りすぎると困るけれど、こう照り続けるとお湿りが欲しい。
一輪車でふうふう言いながら何度も水を運んでいるのを見て、これは大変だと
思ったのか、Kiiさんが渓からの引き水をミニ菜園まで引き上げてきた。
ホース
「途中で分岐して水を取り込めるように考えるけど、今は応急処置で辛抱して!」

大きな水溜が必要だね。
ありったけの容器を総動員する。
水を溜める
これが水道水なら高い野菜につくけれど、水も自給の有難さ。
メンテナンスも自前で大変なことが多いけれどとても助かる。

今年最初のブヨ刺されは足首や首筋や顔や、、、痒くて掻きむしっている。
厭な季節、例年よりも登場が早すぎる気がする。


ラベル:菜園
posted by けい at 16:13| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんこんにちは。

開墾する場所はここでしたか。 
やっぱし「出来るなら自給自足」を目指すには畑も広げないといけないですもんね。
水がただっていいですね。 うちも井戸はありますが・・労力が・・。
ポンプをつけたら意味ないし・・
朽木の腐ったのってそのままいい腐葉土って感じで野菜が生き生きと育ちそうですよね。 
こなれるまで木は時間が掛かりますもんね。 
でも・・白アリは大丈夫なのですか?
Posted by あいやばば at 2015年04月29日 13:10
☆あいやばばさん、こんばんは〜

放置してもう10年ぐらいは経過しているのですが、丸太って
芯まではなかなか朽ちないんですよね。
強いものだなと吃驚しています。
外側はボソボソですからいいバークになりそうですよ。

開拓の中でユンボの卜伝君が何度も通った場所なので固く締まっていて、
Kiiさんはツルハシで土方仕事です。
連日は無理というぐらい、きつそうです。
飴と鞭が必要かも。。。(笑)

水が自前というのは、メンテナンスの大変さはありますが有難いです。
あいやばばさんのお宅の井戸、お洒落ですよね。

昔々に町から持ち込んだ板が朽ちて、その時に白アリを一度見たこと
がありますが、それ以後は目にしていません。
山にはたくさんいるかと思ってましたし、それもあって高床式のログ
ハウスにしたのですが。。。
黒いアリは多いですよ。
Posted by けい at 2015年04月29日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック