2015年04月30日

スノーフレークやムスカリ、水仙

スノーフレークよりも別名のスズランスイセンのほうが馴染み深い。
和名はオオマツユキソウ(大待雪草)なのですって。。。

スノーフレーク1

スノーフレーク2

スノーフレーク3
これほど丈夫で花期が長い花はあるだろうか。
あちこちにボコボコ増えて、前面道路脇の土手など席巻されつつある。
そのうち庭中スズラン水仙だらけになるのではないか、それはそれで見ごたえが
あるだろうが。。。

スイセンたちのトリは八重咲種と先の記事に書いたが、「私を忘れないで!!」と
咲き出した二種。
「エーリッチャー」
エーリッチャー

「トレパタイト」
トレパタイト
花期としたらこれが普通なんだものね。

ムスカリも次々と咲きつづけている。
この種は斑入りアマドコロとギボウシの陰になり、気付かないうちに最後の一輪。
ムスカリ

クリローエリアの前に置いてある物置の、北側に植えてあった二色咲のムスカリが
消えてしまいガッカリしていたら、なんと南側に移動していたらしい。。。
ムスカリ
こんな不思議なことってある?

クリローエリアのブルーベルは花期が少し遅めだが、日照のいい場所ではもう
花芽が上がってきた。
ブルーベル
これはハイブリッド種。

さてスズランもすっきり葉を伸ばし始めた。
これは日本水仙
日本スズラン

こちらはドイツスズラン
ドイツスズラン
今まで舐めたように食べ尽くされていたスズランだったが、昨年野ウサギが旅に
出てくれて以来、すくすくと育ち今年はより見事になってきた。
花芽をどれほど上げてくれるかはわからないが、このまま育ってくれたらいつか、
一面のスズランというのも夢ではないだろう。
原風景にあるのが白樺、スズラン、ライラック。
それらを想うたびに、この歳になっても変わらず胸がきゅんとなる。

posted by けい at 12:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック