2015年04月30日

山菜摘みのルール

春は山菜野草が美味しくて嬉しいが、気が重くなるのが山菜採りのマナーの悪さ。
山蕗やタラやスカンポやいろいろ、、、
ネットやロープで囲い明らかに育てていると判るものでもお構いなしという、
横暴な輩もいるそうな。

コシアブラなど、毎年、ナタで木を切り倒したり枝をボキボキ折り捨ててあったりする。
今年もいつもの場所へ摘みに行くと、。。。
コシアブラ

コシアブラ

切ったり折ったりすると翌年は手に入らなくなるかもしれないのに、、、
必要な分だけを有難く戴き、次に摘む人のために残りは置いておく。
そんな謙虚な姿勢など皆無である。
何だか哀しいね。
コシアブラ
摘んできたコシアブラはバターライスにする。
これが最高の美味しさなのだ。

「スカンポ」
数年前から敷地内で育てているが、やっと収穫できるようになってきた。
スカンポ

山菜はなるべく敷地内で自給したいと考えている。
獣害で絶滅寸前だった山蕗も復活の兆し、ログ裏の土手にはワラビが出始めた。
ゼンマイもチラホラ、嬉しいなぁ。

「ヤブカンゾウ」
鹿たちはニッコウキスゲやユウスゲなどのキスゲ類は大好きらしいが、カンゾウはあまり
好きではないのか、それともカンゾウは野ウサギの好物だったのか。
ヤブカンゾウ
繁茂するヤブカンゾウを眺めながら、来春新芽を戴く日を想う。
(↑食い意地張り過ぎ?)

「山でうまいはオケラにトトキ、里でうまいはウリナスビ」
トトキってツリガネニンジンのこと。
トトキ
あの美しい花を見てしまうと、いくら美味しいと聞かされても食べられるものではない。

posted by けい at 17:58| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
今朽木です。
いろいろありましたが合間を縫って
ようやく来れました。

山菜美味しいですね。
こちらでもほとんど獣害でありません。
山道から少し入った所にワラビが
我が家のガーデン内に山蕗やフキノトウがありましたが
タラの芽も生えていますが
ネットの外はほとんど見当たりません。

コシアブラなんて貴重で
いまではほとんど見かけないのですが
ボキッと折ってあるなんてひどいです。
タラの芽もすべて取ると枯れてしまうのに
山のルールを守らないといけませんよね。

我が家のネット内の山菜はようやく鹿に入られない様になって
10年経って何とか食べられるようになりました。
自然の産物は長い月日がかかって作られるものですよね。
Posted by Fiora at 2015年04月30日 21:49
☆Fioraさん、おはようございます。

Fioraさん、山の家に行けてよかったですね。
お忙しいことと思いますが、自然の気をたくさん貰ってくださいね。

フキノトウや山蕗、スカンポやタラ、周囲にもたくさんあったのですが、
今はほとんど見当たりません。
防獣ネットの内側で育てている山菜を、車を止めて見ている人もあり、
ドキッとさせられます。

世代交代の時期になっているらしく、うちは昨年からタラが不調です。

コシアブラ、切ったり折ったりしている光景を毎年見るのですが、
同じ人かも。。。
そのせいで年々コシアブラの木も減っています。
大事にしないといずれ採れなくなってしまうでしょうに。。。
Posted by けい at 2015年05月02日 05:26
けいさんこんにちは。

昨今の山菜採りマナー・・目に余るものがありますよねぇ。 同感です。
鎌で枝ごと切って持っていったり、二番芽、三番芽まで欠いていったり・・。
札幌近郊のこのあたりでも似たような光景を目にします。
それを考えると自前調達が一番ですね。
Posted by あいやばば at 2015年05月02日 16:13
☆あいやばばさん、こんばんは〜

そちらでもやはりそうですか。。。
目にするたびにやり切れない思いをさせられます。
年々酷くなってますよ。

今日は車を止めて庭のスカンポや山蕗を覗きこんでいる人が居ました。
いつ出て行こうかと身構えまして。。。(笑)

ワラビやゼンマイも土手に出てきましたので、増えろ、増えろと
声を掛けてます。

花や木の庭の中に山菜や野草が大きな顔をしているもので、どなたも
一様に吃驚されますよ。
Posted by けい at 2015年05月02日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック