2015年05月08日

シジミバナやユキヤナギ、ヤマシャクヤク

「シジミバナ」が真っ盛り。
シジミバナ

シジミバナ
何ともいえない可愛らしさ。

「ユキヤナギ」
ユキヤナギ
あちこちに出てくるので少し困りものだけれど、、、

「西洋シャクナゲ」は切り詰めすぎで花が少なかった。
西洋シャクナゲ

日照のせいか「ヤマシャクヤク」も花の咲きが悪かったが、どの株も充実している様子
なので来年に期待しよう。
ヤマシャクヤク

「放っておくと庭中が山蕗だらけになるよ」とKiiさんは言うが、ふわふわの綿毛は
とても可愛い。
山蕗の綿毛
切ろうとは思うけれど、切らなくてはいけないと思うけれど、つい。。。

ナガミノヒナゲシは気儘もので、消えたり出たり。
ナガミノヒナゲシ
一面に増えてくれてもいいんだけれど。

朝のアルケミラモリスは露を転がして、見飽きない楽しさ!
アルケミラモリス

posted by けい at 08:25| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お天気続きですね
野迫川の春ですね。
シジミバナをコゴメバナと言っています
ユキヤナギも今が盛りなんですね
山芍薬は花付が悪いのでしょうか
私は大きな鉢に植えていますが最近「はばかりさん」です
アルケミラモリス、難しい名前ですね
どんな花が咲くのでしょう
Posted by sakko at 2015年05月08日 23:40
☆sakkoさん、おはようございます。

毎日ヘロヘロになって作業しています。
もう少しで片付くのですが、最後がなかなか厳しいです。
早く終わらせてゆっくり庭を楽しみたいです。

シジミバナ、可愛い花ですよね。
透明感のある白が大好きです。

山芍薬は株は多いのですが花の咲きは少なかったです。
今年は花付が悪い年にあたるのかも。。。
陰がきつくなったところが悪いので、日陰の花とは言っても
やはりある程度の日照が欲しいのでしょうね。

アルケミラモリス、レディスマントルとも言いましてハーブ
なんです。
和名はハゴロモグサだったかしら?
黄色の小花が咲きます。
Posted by けい at 2015年05月10日 06:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック