2015年05月10日

オオバクロモジ、オトコヨウゾメ、ハナイカダとマムシ

「オオバクロモジの花は見損なってしまったね」とひょいと見上げたら、何と今が
真っ盛りだった。
やれ、嬉しや!!
オオバクロモジ

オオバクロモジ
時期的に霜に遭いやすいオオバクロモジだが、今年は葉も花も美しい。

「オトコヨウゾメ」が咲き始めた。
オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ

「ハナイカダ」は咲いているかな。
ハナイカダ雌木

こちらの株は咲いているよ。
ハナイカダ雌木
この辺りはなぜか雌木が多い。

雄木の様子を見に行こうよ。
雌木を遠く離れて雄木が自生しているのが不思議。
ハナイカダ雄木
アッ、咲いてるよ。
ハナイカダの葉は食べられるけれど、小さいから面倒だよね。。。

ここでマムシが登場する。
ふっと足元に目をやると、蠢くものがある。
ギャッ、マムシだ!!
マムシ
Kiiさんが傍に居るから写真を撮る余裕もあったが、一人なら、、、とゾッとする。

マムシ マムシ

数的には少ないがマムシは今までに敷地内で何度か見かけていて、その付近では用心して
いるのだが、この場所ではお初だった。
「細くて小さい幼蛇なのに、よく判ったね」とKiiさん。
昨年マムシの幼蛇を見つけて以来神経質になっていて、細長いものには特に敏感なので
ある。
棒っ切れを見ても蛇に見えるぐらいに。
用心していない場所ではつい手を突っ込み草を抜く癖があるが、あれは止めないといけ
ないなと思う。

菜園作りの傍らせっせと草抜きもしているが、到底追いつかない。
此処も手前までは草引きを完了していたが、奥は次回に予定していたのだった。
草が茂っている場所は特に要注意ということね。

名付けて「マムシん棒」
マムシん棒
草をガサガサさせ、いざ遭遇したら蛇を殴打するためのものだが、当分は手放せそうにない。
堅い枝やパイプなどいろいろ試してみたが、一番左側の黒い水道用パイプが握りや撓りが
一番しっくりくる。
それにしても、、、マムシにはできるだけ遭遇したくないものだ。

posted by けい at 07:57| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マムシと遭遇、こわ〜〜い。
私は長いものが一番嫌いです。
トカゲも怖いな。
それで蛇とマムシを見分ける余裕はありません
まして棒て叩くなんて、けいさんは強いですね

ハナイカダは雄と雌があるのですね
ずっと前に、当麻寺に参ってその帰りに買って帰りました
あれは雄木だったのかな。
大切に育てていたのですが(鉢植えにして)今何処です。
Posted by sakko at 2015年05月11日 00:34
☆sakkoさん、おはようございます。

今までは蛇は全部マムシに見えていたのですが、最近ようやく
区別がつくようになってきました。
ネズミを食べてくれるからマムシ以外は居てくれていいのですが、
それでもあのニョロニョロの姿は不気味ですよね。
できれば遭遇したくないです。
マムシ以外は見ても比較的冷静ですけど、マムシはね。。。
敷地内には少ないのですが、一掃したいです。

ハナイカダ、かき揚げにしたことがありますが、小さい葉なので
面倒で、今は花を楽しむだけにしています。
雄花は賑やかですよね。
Posted by けい at 2015年05月11日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック