2015年05月17日

スズランたち

北海道帯広出身の私にとって白樺とライラックとスズランは原風景。
生地の思い出の木や花は他にもいろいろあるけれど、特にこの三種は、幾つになっても
想うだけで胸がキュンとなる。

鹿や野ウサギのお腹に収まってしまい、長い間満足に花を見ることができなかった
のがスズラン。
猛毒を持つスズランが動物たちには美味しいもの、或いは薬用なのか、そこのところは
理解できないが、すくすくと一面に広がっていたスズランが舐めたように食べられ続け
風前の灯となっていたのだった。
昨年その獣害からどういう訳か解放され、養生できたのだろうか、花立ちはまだ少ないが
今年はずいぶん株が充実している気がする。

これは「日本スズラン」
スズラン

スズラン

スズラン
ひっそりと葉に隠れるように咲く。
葉裏が粉白色を帯びるのが特徴。

「ドイツスズラン」
ドイツスズラン

ドイツスズラン
葉裏には艶があり、日本のスズランに比べると花は存在感を主張している。

どちらも可愛いのだが、ひっそりと咲く日本のスズランのほうがより愛しく思える。

一面にスズランが咲き、白樺やリラに彩られる庭で永遠の眠りにつきたいと、それが
私の夢なのだ。。。

posted by けい at 12:56| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズランの群生、いいですね
私は平鉢に3〜5株ずつ植えていますが、
思い切って、地植えにしょうかなと思っています。
鉢だと、株が増えたいのです。
Posted by sakko at 2015年05月17日 21:31
☆sakkoさん、再びこんにちは〜

食べられさえしなければ、二年でこんな風になるんですよね。
スズランは鉢植えも可愛いですけど群生が夢なんです。
そんな風景の中で育ってきましたから。。。

でも、花をよく観賞しようと思うと地植えは大変です。
「這いずって見るの図」はほんとうに恰好が悪いです。(笑)
Posted by けい at 2015年05月18日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック