2015年05月27日

ヤブデマリやカンボク、山野草いろいろ

ヤブデマリは、まるで木全体に白い蝶が舞っているような、、、
うっとりと見惚れてしまう美しさである。
大きく樹冠を広げて見事なのだけれど、樹下がまったく翳ってしまうので何とかしなくて
はと思っている。
ヤブデマリ

花が撮れず、ログのテラスからズームで。
ヤブデマリ

カンボクも満開。
カンボク

地味系だけれど西洋イワナンテンも花盛り。
西洋イワナンテン
梅雨時期にはブツブツ切って、鹿に荒された裏山に直挿ししよう。

さて草花たち。
「ムサシキスゲ」
ムサシキスゲ

「チゴユリ」
チゴユリ
斑入り葉が消えてしまい、緑一色の葉ばかりになっていた。

「ナガミノヒナゲシ」
ナガミノヒナゲシ
あっちにポツン、こっちにポツン、群れ咲いてくれたらいいのにね。

「トチバニンジン」はなぜか開花にうまくあえない。
トチバニンジン

「ハンゲショウ」
ハンゲショウ
通路いっぱいを占領して、ますます大きな顔をしている。

「カラスビシャク」(烏柄杓/別名ハンゲ)
カラスビシャク

「ムラサキツユクサ」
鹿に食べられた時は「あぁ、もうダメか」と思っていたが、花を見ることができて
よかったなぁ。
ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサ

「紅花ユウゲショウ」
紅花ユウゲショウ

「フタリシズカ」
土地に馴染んだのかすごい増え方。
飛んで飛んで、エリアをせっせと拡大している。
フタリシズカ

日陰でよく育つけれど、半日陰のこの場所では花立ちもよく、白が際立っている気がする。
フタリシズカ

posted by けい at 07:58| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック