2015年06月05日

木ブロックを貼る

此処は風防室の横、薪オーブンを設置してある壁面の外側になる。
元々は煉瓦を二重に積んで仕上げようと思っていたのだが、板張りの中にこのスパンだけ
煉瓦というのも少し突飛に思えなくもない、それでは板張りにするか、などとなかなか
決まらずにいた。
逡巡の後に「木ブロックを木端を見せて積むのも面白いのではないか」とKiiさん。
イメージが掴めなくて生返事をしていた私。
取り敢えずやってみるよ。。。
木ブロックを貼る1
有り合わせの材料を利用するので、木ブロックの基本形は88mm×88mm×65mm(厚)
材自体にも大小があるので、木ブロックを作るのに手間が掛かっている。
木ブロックを作る

フ〜〜ン、なかなかいい感じだけれど、でも相当の手間食い仕事だね。
木ブロックを貼る2
なんでもパンパンパンと、早いのが好きな私なのである。

積み上がるにつれ、私の反応も変わってくる。
木ブロックを貼る3
ヘェ〜〜、木目が柄を作って面白いね。

手っ取り早いのが一番だと板張りにした、風防室壁面とのなんという違い。
木ブロックを貼る4
「全部木ブロック仕上げで貼り直してくれないかなぁ」
それには即「イヤです!」と返ってきた。

此処まで貼った所で卓上丸鋸が板を噛んでストを起こした。
もう一台あるのだが、小さくてそれはこの材には適さない機種。
四苦八苦しながら修理に時間を取られ、木ブロック貼り完成は次回に持ち越しになった。
うまく直っていたらいいのだけれど。。。

ラベル:木ブロック
posted by けい at 19:37| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カッコいいですね。
壁面をこんな風にkiiさんは考えていたのですね
この間接ぎ木細工の名人をテレビで見ました
kiiさんと重なりましたよ
Posted by sakko at 2015年06月06日 00:05
☆sakkoさん、おはようございます。

木ブロック、意外といい仕上がりになりそうです。
自然に出来上がる柄が面白いです。

有り合わせの材を利用して作る家ですから試行錯誤の連続ですが、
それも味わいですよね。

鹿や猪が侵入していなかったのでホッとしました。
Posted by けい at 2015年06月06日 07:45
けいさんkiiさんこんにちは。

今朝、コメントを送信したつもりだったんですが・・反映されて無いようなのでもう一度。

なかなかいい感じですねぇ。 もくタイルって雰囲気ですよね。

使い道のない材料が生き返るというか輝いていますね。ちゃんと木工ボンドで固定されてるんですね。 

もしかして、大きさを揃えるのに自動カンナとか高速切断機でサイズ調整も? ラインもきれいですし・・。

うちにも薪にしかならないと思われた解体材がいっぱいあるので、庭の歩道とか置石替りにブロックで置いてみようかな。
腐っても土に変えるだけだし、一年も経てば違和感も無くなるだろうし・・。

↑夏ロウバイってけっこう花は大きいのですか? 接写してるから?
梅とも椿とも取れそうな花の形なんですね。 花の中に花があるって珍しいですよね。

姫フウロは我が家にもお隣のこぼれ種からのがたくさんあって今はかなり間引きして何株もありません。 そういえば今年・・咲いたかな??
Posted by あいやばば at 2015年06月08日 12:55
☆あいやばばさん、こんばんは〜

コメ、トラぶっていたようでご迷惑をおかけいたしました<m(__)m>

木ブロック、面白いでしょう?
廃材を利用して蘇らせるというのは最高の遊びですよね!!
あいやばばさんの所には廃材がどっさり集まっているのですから、遊びの
醍醐味も最高ですよね。

卓上丸鋸で大きさをある程度は揃えているらしいですが、鋭くチェックを
入れられてますよ。
右肩下がりや、、、とか、その段変やないの、置き直して、とか。。。
何しろ監督が煩いもので。。。(笑)

夏ロウバイは全体画像をアップしておきました。
花径は6センチぐらいですから木の割には小さいでしょ。
花は小振りで煩い色ではない点が好みです。
Posted by けい at 2015年06月08日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック