2015年06月04日

高野山・麩善の笹巻あんぷ

高野山は今年開創1200年とか。
4月2日から5月21日までの50日間、「記念大法会」が執り行われていたそうで大賑わい。
所用で出かけたのは午前8時になるかならないかの時間だったが、もう車や人で混雑して
おり吃驚させられた。

お遣い物にしたかった高野山の麩善の笹巻あんぷも5月21日まではひとり5個までの個数
制限があり、それがようやく解けた翌週に買い求めて王子町まで出かけた。
笹巻あんぷはヨモギを混ぜた生麩でこし餡をくるみ、熊笹で包んだもの。
麩善の笹巻あんぷ

生麩と熊笹の香りがふんわりと口の中で混ざり合い、その上品な味わいがたまらない一品。
麩善の笹巻あんぷ
生ものなので日持ちがしない。
送りなら冷凍という手もあるが、私はやはり生に拘りたい。

麩善は文政年間に創業し、190年の歴史を誇る生麩の老舗。
定番のあわ麩、よもぎ麩、真如麩の他に、季節ごとに工夫を凝らした生麩も扱っている。
生麩大好き一家としては、近くで(といっても、高野山までの直線距離は13キロだが、
くねくねの細い山道のこと、往復にはしっかり1時間かかる)手に入ることがとても
嬉しい。

届け先での出来事。
ご主人のプライベートルームに案内されて、私たちはのけ反った。
「ギャッ!!」と言ったきり、唖然茫然で後の声が出ない。
天井までに設えられたガラス扉付きの大きな棚三本にはもちろんだが、室内を埋め尽くして
いるのがイチローさん。
イチローさんが履いていたスパイクや手にしていたバットや身に着けていたユニフォームや、
数にも参ったが、どれもがイチローファンは勿論のことプロ野球ファンにとっても垂涎もの
ばかり。

カメラを持参していなかったのが残念だったが、そういえば携帯のカメラという手も
あったのだ。
すっかり舞い上がっていて、そう気づいたのは帰路に着いてからだった。

目の保養をさせていただきました。。。

お土産に戴いたのはメロンやマンゴー、生鮮魚介類(岩ガキに鯵、カンパチに伊勢海老)
メロン マンゴー 海鮮類
ほとんどが娘宅への宅急便に収められた。
美味しいものは一番に娘や孫に食べさせたいと思う、親ってそういうものだよね。


ところで、山で暮らしているとだんだん魚類が不足してきて、猛烈な渇望症に陥ってしまう。 
肉類は三日続くと厭になるが、魚は10日、いや、一か月続いても平気な一家なのだ。
鮮魚がなければ干物でもいい、とにかく魚が大好き!!

久しぶりに町に出ると、とにかく魚にしか目が行かないのが毎度のことだが、往復二時間
も掛けて五條市まで出かけても、残念ながら鮮度抜群の魚にはなかなかお目に掛からない
し、まれに有ってもメチャ高い!!
「いくらなんでもこれは、、、」と、伸ばしかけた手をつい引っ込めてしまうのだ。
山暮らしが本格的になった時を考えると、今からしっかり海鮮類の購入ルートを確保して
おかなくてはと思うが、これが大きな課題である。

買い込んだ鮮魚は天然ハマチ、干物はカレイに鮭にイワシの丸干し。
魚類
冷凍してちびちびと小出しにして、何日持たせられるだろう。

次回は大阪で魚をどっさり買い込んで山入りしなくては。

posted by けい at 17:17| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笹巻あんぶ、食べたことあります。
あの期間中は5個の限定販売だったのですか。
お届け先、びっくりのお家ですね
どんな方のお家かな?
お土産もすごいですね。すぐ転送?親心ですね。
私は最近友人に「sakkoさん美味しいものは自分で食べ」と言われました
「息子さんたちはこれからなんぼでも美味しいものは食べられるから」と。
「そうか、先が無いものね」と言いあいました。

海無し県の奈良県人はやっぱり海の料理がいいなと
この間十津川のホテルでそう思いました。
山菜もいいけれど、新鮮なお魚が一番のご馳走ですね。
そして海の見える景色が大好きです。
Posted by sakko at 2015年06月05日 06:03
☆sakkoさん、おはようございます。

「開創1200年記念大法会」期間中の高野山は凄い人出でしたよ〜
外国の方もかなり多かったそうな。

麩善さんに行った時はその後だったので、静けさを取り戻していました。
笹巻あんぶ、召し上がられたことがありましたか。

「美味しいものは自分で食べる」確かにそうなんですよね!!
娘たちも「自分たちが食べたら!」と言いますもん。
でも、孫たちに美味しいものを教えたいと、じじばば心が先に立ちます。

海も海鮮類も大好きなのに山暮らしを選択したのですから、仕方がないの
かもですが、いい魚類が少ないのと高価なのには参ってます。
奈良県人は魚には煩くないのか、、、そんなことはないはずですよね。
山菜もいいけれど、やっぱり魚が一番好きです。
Posted by けい at 2015年06月05日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック