2015年06月07日

夏ロウバイ、シランや塩焼きフウロ

夏ロウバイが咲き始めた。
今年は植物の咲き進むのが妙に早い気がする。
ナツロウバイ

ナツロウバイ
優しい色合いの花はKiiさんのお気に入り。
「ホラ、咲き出したよ」と煩いこと。。。

全体の画像
ナツロウバイ

ナツロウバイ
花はさりげなく咲いて、奥ゆかしい感じでしょ。

何故か庭奥の「ハクウンボク」の花が咲かない。
ハクウンボク
霜はそうきつくはなかったし、花芽が出始めた時に影響を受けたということもないはず。
大きな木で周囲からは突出しており、日照はまったく問題がない。
こんなことは初めてなので戸惑っている。
雲がたなびくようなあの姿を見られないのが寂しい。

同じ仲間のエゴノキは蕾の状態を見そびれているが、紅花エゴはものすごい花芽だ。
紅花エゴ
どの枝にもびっしりの花芽で、満開になるとさぞかし見事だろう。

咲かないといえば、サラサドウダンも。
サラサドウダンは大きな株が二株。
敷地内道路入口と庭奥への小道脇にあるのだが、道路入口のものはまったく花芽がない。
これも初めての出来事で、毎年たくさんの花を着けていたのに何が原因なのかと面喰って
いる。

シランは霜の影響で花芽が半分ほど枯れてしまった。
シラン

シラン

白花シランはまだ咲きかけ。
白花シラン
オオバギボウシの葉陰に隠れて霜をやり過ごせたお蔭で、花が美しい。

「塩焼きフウロ」とのことだったが、「ヒメフウロ」(姫風露)別名で「シオヤキソウ
(塩焼き草)」と呼ばれているものにとても似ている気がする。
塩焼きフウロ
全草に塩を焼いたような臭気があるそうだが、確かめてみなくては。
これは宿題ということに。。。

「トリトマ」も咲き始めた。
トリトマ
賑やかな花は苦手だけれど、雑草だらけにしているよりはいいかも。

posted by けい at 08:30| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
待望の雨と喜んだのですが、その後、また雨か〜の日が続いています
水路がせき止められて水があふれています。
花木がいろいろ咲きだしましたね。
場所が無いので花木は諦めて実のなる木だけの我が家です。
シランが今頃咲くのですね。
毎年晩霜に蕾がやられるのですが、今年は晩霜が無くて
綺麗に咲きました。
塩焼きフウロ、変なにおいの花ですね。
あの小さなみずいろの「キュウリソウ」は胡瓜の匂いがするとか
私にはあまりわからないですがね
トリトマ、早いですね。
我が家のトリトマは未だ葉ばかりです
今年は咲かないのと上から覗いたら、下の方に蕾がありました
Posted by sakko at 2015年06月08日 06:21
☆sakkoさん、こんばんは。

あの水路、危険と隣り合わせの感じがしました。
sakkoさん、くれぐれも気をつけてくださいね。

花木よりも実のなる木だけにしたらよかったと後悔している私たちです。
植える場所がなくなって、いよいよ杉を伐採しなければ。。。

里よりもずっと季節が遅いのに、トリトマは早いのが不思議です。
塩焼きフウロ、やはり変な臭いがするのですか?
花はとっても可愛いのに。。。
Posted by けい at 2015年06月08日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック