2015年06月10日

バラアカシア二種とニセアカシア

バラアカシアの取り木はまだ成功していない。
息も絶え絶えなのに早く苗を作らないと、枯れてしまうよ。。。
取り木がいいか、それとも接ぎ木にするか。
庭に顔を出すニセアカシアは引き抜いて処分していたが、今度苗木を見つけたら、接ぎ木も
考えてみよう。

バラアカシア(ハナエンジュ)「ヒスピダ 」
バラアカシア・ヒスピダ

バラアカシア・ヒスピダ

バラアカシア・ヒスピダ
幹はボコボコで哀れな様相なのに上部にはしっかりと花を咲かせている。
大丈夫なのかなぁ。

バラアカシア(ハナエンジュ)「ヒレリー」
バラアカシア・ヒレリー
ヒレリーも弱っているはずだが、少し復活した感じ。
バラアカシア・ヒレリー

バラアカシア・ヒレリー
Kiiさんはヒスピダよりもこのヒレリーのほうが好きなのだそうな。

「ハリエンジュ」(針槐/別名ニセアカシア)
北海道への懐かしさから小さなひと株を移植したのだが 、これほどに大きくなり、その
うち周囲を席巻して独り勝ちになるのではないかと不安になっている。
ニセアカシア
上部には花が咲いているのだが、切り詰めなくては花も見えない。

そろそろ食べ頃かな。
待望のニセアカシアの花の天ぷら、、、このところずっと食べそびれていたのだ。
ニセアカシア
高枝バサミで切るのも難儀だし、もう少し下まで降りてきてから食べようよ。
そう言っている間に下部も開花してしまった。
これじゃ、サラダぐらいにしかならないよ。
ニセアカシア

ニセアカシア
害樹扱いされているニセアカシアだが、 花は食べられ、ほんのりと甘いのだ。
実を結び蒔き散らされるよりも、花をどんどん利用したらいいと思うのだけれど。。。
(食べられるのは花だけですよ!!)

蕾や開花間際のものを天ぷらに、咲いたものはサラダに。。。
開花したものも天ぷらにはできるのだが、すぐにしっとりしてしまうので私はあまり
揚げ物には使いたくない。

今年も時季を逃してしまったなぁ。。。
咲いてしまったニセアカシアを、恨めしげに見上げている。

posted by けい at 17:30| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は梅雨の晴れ間、明日はもう午後から雨のようです
アカシアにもいろいろな種類があるのですね
アカシアと言えば北海道のイメージです
さすが野迫川は奈良県の北海道ですね
ニセアカシアの蕾や花が食べられるのですね
こういうものは旬が短いので
待っている間に食べそびれますね
来年はきっと天ブラをアップしてくださいネ
Posted by sakko at 2015年06月11日 00:25
☆sakkoさん、こんにちは〜

カメレス、お許しあれ!!

バラアカシアはなかなか育たなくて気難しいのですが、
ニセアカシアは害樹扱いされている地域もありますよね。
長野辺りでは花を楽しみに待って食べるのだと聞きました。

今年も食べそびれてしまって残念無念。
来年こそと思っていますが、収穫しやすいように少し
切り詰めなくては。。。
Posted by けい at 2015年06月13日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック