2015年06月16日

枝豆の種を食べていたのは。。。

育苗エリアを作り直し、これで完璧と自信満々のKiiさんだったが、翌朝にはまたもや
蒔いた枝豆が全滅になっていた。
今回はキジバトやカラスの気配はなく、しかも種を蒔いた翌朝に被害に遭っていたと
あって、何が原因かまったく解せずに途方に暮れてしまったのだった。
地面との接面に極めて小さな穴が開いているものの、こんな穴から出入りできるものも
ないだろうしと???になりながら、気を取り直して再々々度の挑戦である。

枝豆に執着心があり、懲りない二人なのである。

モルタル工事などに利用していた電動の通しを解体して、それの通し部分を育苗箱に
使おうということになる。
仮に小さい穴から何ものかが出入りしようとしても、金属で防御されて無理だろう。
何を相手にしているのかが掴めないだけに、果たしてこれでうまくいくかどうか。

解体にかなりの時間は要したが、、、
育苗箱1

育苗箱2
これで完璧だろう!!

そして今朝のこと、「けいさん、変だよ。まだ食べられてるんだよ」
見に行くと12、3ポットが荒されている。
「不思議だね」「いったい何なんだろう」
朝ごはんを済ませて、「とにかく、ネットを外して何とかしなくちゃ」と作業を始めよう
としたKiiさんが大声を出した。
慌てて飛んでいくと、「ヒメだ、ヒメだ!!」
メッシュの上に張ってある防獣ネットの穴から、ヒメネズミが飛び出したのだそうな。
防獣ネット
この防獣ネット、ひとマスは15ミリという小さいものなのに、こんな所から出入りする
なんて。。。
あまりの素早さに取り押さえることができなかったと悔しげなKiiさんである。
下から入られなくなったら上からですか。

そういえば昔、駆除作業をしている人から聞いたことがあるが、小さいネズミは親指程度
の隙間さえあれば通り抜けるのだそうな。

判明すれば対処のしようもある。
育苗箱3
防虫ネットを張ってみたが、さて今度はどうだろう。
雨が止んだら周囲に唐辛子リカーを塗り付けておこうか。

梅の実がぽろぽろと落ちている。
沢山の花が咲いた白加賀だったが、実は2キロも採れそうにない。
枝豆の種を買いに出た折に、無農薬の梅を見つけたので10キロ購入してきた。
梅酒、梅干し用の梅で、追熟すれば梅干しにも使えるとのこと。
無農薬の梅

無農薬のものはあまり店頭には出ていないので貴重品。
この青さは梅のエキスに最高だと思ったが、もう手に入らなければと危ぶんで、これは
梅干し用にしよう。
もしまだ青梅が手に入れば、梅のエキスを作ろう。

ただいま追熟中。
無農薬の梅

今年はスギナもドクダミもたくさん摘めるのに、雨が多いので野草茶作りが思うに
任せない。
ドクダミ
少し晴れ間もほしいなぁ。

posted by けい at 17:58| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
枝豆の種を食べた犯人が解かってほっとしましたね。
犯人がわかれば対処の仕方がありますものね
私はもしかして、モグラかイタチかなとも思っていたのですが
ヒメネズミでしたか。
梅が不作でしたね。
無農薬の梅は貴重ですね。
我が家は昨年、梅が凄く豊作だったので
沢山漬けましたので、今年は大小合わせて4.4キロだけです。
息子が私を送っての帰りに堤防でアライグマの家族に
会ったというのです。堤防は天理市になります。
家の天井に住みつかれた友人が町役場に連絡したら
業者を紹介しますと言われたそうっです。
次なる被害にびくびくしています
Posted by sakko at 2015年06月17日 05:32
☆sakkoさん、こんばんは。

何ものか判らない間は戸惑いばかりでしたが、判ってみると対処の
しようがハッキリしますので、気が楽になりました。
此処に至るまでに枝豆を何百粒使ったことか。
最初と二回目は鳥だったのですが、その後はヒメネズミだったようです。
それにしても、思いがけなかったので吃驚しました。

梅、今年はやはり実生りが悪かったのですね。
娘一家の分も欲しいので2キロ弱では心もとなく、諦めて購入しました。
無農薬のものが有ってよかったです。

アライグマの被害、行政というのはどこもそんなものなのですね。
怪我人が出れば慌てるのでしょうが、それまでは助けない。
一般人には優しくないのが行政の在り方なのかと、私も最近、忌々しさ
が募っています。
Posted by けい at 2015年06月17日 19:08
山間部に住んでいる人が、育苗ポットの豆類をネズミに食べられてしまった
と言っていたので、
けいさん達のところの犯人も、もしや・・・・・
と思っていましたが
あの小さいヒメネズミでしたか!
親指くらいのすき間でも入り込むんですか。手強いですねぇ。
でも、犯人がハッキリして、
万全の体制で再度育苗に取りかかれますね。

それにしても青梅10kg!
けいさんは、梅の加工品、たくさん作られるんですねぇ。
私は、昨日、黄色くなった南高梅をもう1kg買って、梅干しの下漬けをして
今年の梅仕事は終了としました。
とはいえ、梅干しはここから先が、まだまだ長いですね。
Posted by ちほあるいははるの at 2015年06月17日 20:29
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

>育苗ポットの豆類をネズミに
やっぱりそうでしたか!?

まさかそんなこととはつゆ知らず、鳥対策ばかりしていましたが、
二回は完璧にヒメネズミだったみたいです。
食べ方が違っていたのですが見当がつかず、対策が遅れて
しまいました。
15ミリを出入りするなんてなかなか予測できませんよね。

梅干しと紅生姜は半分は娘宅行きなんです。
Kiiさんのお弁当にも毎日一粒。

このところずっと自家の梅の収穫が減少していましたので、
梅干しが底をついてきましたし、無農薬を見つけたので思い切って
10キロにしました。
追熟中に傷むものもありそうですから、少しは減るかも。
今までに漬けた最高は7キロほどですから、きつそうですね。

梅味噌、作りましたよ〜
うまくいくといいなぁ。。。
期待感が膨らんでいます♪
Posted by けい at 2015年06月18日 08:23
犯人はヒメネズミだったのですね。
ヒメネズミは本当に小さい穴からも出はいりできるんですね。
朽木のログに入られたのもヒメネズミだったと思います。
黒くて小さくしっぽが長い。
1cmほどのログの隙間から入られたようです。
前回はその穴を塞いだつもりがまだまだ
塞ぎ方が足りなかったようで入ってきたようです。
駆除剤とネズミホイホイを仕掛けて帰ったのですが
次にそれを見るのが大のネズミ嫌いの私にとって恐ろしくて・・・
侵入路の穴も他にもあるのか次回の課題です。

山での生活は試行錯誤の連続ですね。

次回はいつ行けるのやら
まだまだ双子の世話に明け暮れています。。。
Posted by Fiora at 2015年06月19日 17:58
☆Fioraさん、おはようございます。

ヒメネズミは何処からでも入り込みますから厄介ですよね。
15ミリのネットの穴を一気に通過するのですから、あっぱれとしか
言いようがない。。。
うちもログに入ってきますよ。
粘着シートを通り道に置いておくのですが、時々自分が掛かったりします。(笑)
野ねずみはもっとずっと精悍なので難儀します。

双子ちゃんとの日々も大事ですが、山の様子が気になるでしょう?
落ち着いて山に行けるようになり、ネットにも完全復帰できるようになると
いいですね。
Posted by けい at 2015年06月20日 06:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック