2015年08月04日

ヤマユリ、コオニユリ、サーモンスターに京鹿の子

オリエンタルリリーなるものは今まで植えたことがなかった。
品種は「サーモンスター」
サーモンスター1

サーモンスター3
「ピンクウィッシュ」「カサブランカ」「ヤマユリ」という個性の強い品種が咲いた後
なので、かなり控えめな雰囲気。
香りも薄いような気がする。

ヤマユリ第二弾はそこそこ成長させたバーゲン苗ではなく球根から植え込んだもの。
ヤマユリ
黄色が淡いようだが、個性か日照、或いは土壌の関係だろうか。。。
私としてはこちらのほうが好み。

こちらが先にアップしたヤマユリで花は既に散ってしまったが、やはり今回咲いたものとは
微妙に雰囲気が異なる気がする。
ヤマユリ

コオニユリは自生のもの。
コオニユリ
自生種やひとり生えはとても愛おしく思える。

京鹿の子の赤花は早くに咲いたのだが、白花には長く待たされた。
京鹿の子

どちらも同じ場所に植えられているのに不思議。
京鹿の子白花1

京鹿の子白花2
食害を逃れたおかげで、少し増えてきた気がする。

ハンゲショウに綺麗な白が出ている。
ハンゲショウ
薄暗い庭奥で存在感をアピールしているようだが、年々エリアを広げて通路いっぱいに
なってしまい「どうするのさ」とKiiさんのヒンシュクを買っている。
此処が好きで増えているんだし抜きにくいなぁ、、、植物に関しては潔くなれないのだ。
そういう優柔不断なところが、山の庭が混乱をきたす原因になっているのだと、重々承知
しているのだが。。。

posted by けい at 05:59| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜も室温が30度を越しています
天気予報は☀マークが続いています。
水遣りだけで疲れている毎日です。
ユリの花、花盛りですね。
京かのこやハンゲショウが今からですね
ずいぶん花時が違いますね
そうですね。私も同じです。
邪魔になっても抜けません。
植物に「あなたたちで話し合って」と言っています。
雨が欲しいですね。
Posted by sakko at 2015年08月04日 23:37
☆sakkoさん、おはようございます

連日連夜、強烈な暑さですね。
今日も猛暑との予想、蓄積疲労でバテバテですよね。
以前はこんな時季だからこそと、汗をガンガン掻いて
激辛キムチ鍋を食べたものですが、流石にもうその
根性はありません。
あっさり、さっぱりしたものばかり戴いてます。
これではいけませんね。

久しぶりに、キムチは買いに行きたいなぁ。。。

ユリに京鹿の子、ハンゲショウ、旬が今頃ですから遅いでしょう?
街と季節が逆転する日も近いです。
Posted by けい at 2015年08月06日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック