2015年09月26日

秋のバラは美しい♪

欲張ってたくさんの苗を植えたのはいいが、山の庭でバラを育てることの難しさを
ひしひしと感じている。
ほとんど手を掛けない(掛けたいが掛けられない)せいもあるが、とにかく虫がたかり、
葉も蕾も花も見るに耐えられない状態になるのである。
山菜と混在している山の庭だから唐辛子など自然のものを利用した防虫しかできず、
それらよりも虫のほうがはるかに強いようだ。

「もうこれ以上バラは植えないほうがいいと思うな」とKiiさん。
私にしては珍しく素直に頷いている。

ただ、秋のバラは花数が少ないが、虫がいなくなる分幾らかは愉しめるので嬉しい。
バラ1

バラ2

バラ3

バラ4
白とピンクの小花のバラはKiiさんが草刈り機で切ってしまった。
ぷんぷん、だわ。

昨年、知人から一本だけ貰った小さな苗が、育ってくれた。
「ワイルドオーツ」というのですってね。
地味だけれど妙に心惹かれている。
ワイルドオーツ
別名は宿根コバンソウ、西洋小判草とかニセ小判草とか。
ニセ小判草だなんて、何だか可哀想じゃない?

posted by けい at 19:24| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バラは消毒剤や殺虫剤を使わないと育ちませんね。
私がバラに手を出さない理由がそれなんですよ。
大丈夫だろうとミニバラの鉢植えを買ったのですが
見事、鉢の中は空っぽです。
でも、生き残った秋のバラは色が冴えて本当にきれいですね。
宿根小判草、いいですね。
小判がぶらぶら・・・。
今年はいつの間にか秋になってしまったという感じですね
Posted by sakko at 2015年09月27日 06:17
☆sakkoさん、おはようございます。

完全無農薬でバラを育てるのはほんとうに難しいですね。
常時目を掛けていられれば何とかなるかもしれませんが、
バラばかり見ていることなど無理ですもん。
春のバラはしっかり虫の餌食になりましたが、秋のバラは
少しだけ花も香りも楽しめました。

ワイルドオーツの面白い姿、気に入ってます。
地味なんですけど妙に惹かれません?
ニセ小判にはずっこけましたが。。。(笑)

今年は寒さが早そうです。
そろそろ薪オーブンに火が入りそうです。
Posted by けい at 2015年09月28日 05:41
ばらは気難しいね〜〜
もう植えないって言ってるけど、絶対けいさん、また苗を見つけたら買っちゃうね
私も何度、もう植えない、って言ったかわからないけどやっぱり買っちゃうもーん

少しでも秋のばらは深い色で咲くでしょう?
山のお庭は冷涼な気候で、夏のダメージは少ないんじゃないでしょうか?
やっぱりばらは格別ですね
Posted by ann at 2015年09月28日 06:03
☆annさん、こんばんは〜

バラ育て名人のannさんでも気難しいの??
素人の私は無理なのが当然よね〜

もう植えないぞと思ってはいるんですけど、いざバーゲンで苗を
見たらどうでしょう。
きっぱり拒否する自信はないかなぁ。

菜園に熱中しだしてから庭は放りっぱなしです(-_-;)
Posted by けい at 2015年09月29日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック