2015年09月30日

ホトトギス

ログ前の庭を席巻していた園芸種のホトトギスを、思い切って庭奥に移植したのが4年前。
移植先では食べられ、また日照不足もあったのかほとんど根付かなかった。
ログ前の庭からいっときは消えてしまったかのように見えた園芸種だが、小さな根が残って
いたらしくちょろちょろと復活の兆し。
気をつけないとまた大変なことになりそうだが、無ければ無いでこの季節、寂しいものが
あると、気儘ガーデナーは勝手なことを言う。
ホトトギス1

ホトトギス2

ホトトギス3
交雑しているから品種名などはもう判らない。

残念なのは「白秋」が出てこないこと。
移植しなかったのにどうしたことだろう。。。

さて、野生種のホトトギス。
ホトトギス

花弁の斑点が濃いものや薄いもの、葯の斑点が無いものもあったりで個性的なのが面白い。
ホトトギス ホトトギス

相変らず染みたような花弁もあり、こういう手合いは園芸店では珍重されているような。
ホトトギス
私としては好きになれないのだが、そこのところは人ぞれぞれ。

ラベル:ホトトギス
posted by けい at 09:32| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、松山です。
今の「三和町」では全くホトトギスを見ません。
寂しい限りです・・・
関宮では売るほど生えていましたが(笑)

私の方は適当に三和町に通っています。
なかなかブログを更新する作業が追いついていませんが、
けいさん、生きていますよ〜
Posted by マツ(松山) at 2015年09月30日 20:28
☆マツさん、こんにちは。

春に来れるかもとお聞きしていましたから、楽しみにしていたのですよ〜

心配していましたがお元気そうで安堵しました。

日常の生活も山暮らしも、、、いろいろありますがお互いに気張って
行きましょうね。
Posted by けい at 2015年10月02日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック