2015年10月16日

キウィを収穫する

sakkoさんのブログでキウィの収穫を拝見して、朝晩の気温が一桁台になっているし
いつ霜が降りるか判らないと、慌てて我が家もキウィを摘む。
獣害に遭う前にと、嬉々として摘むKiiさんである。
こんな量なら一人で大丈夫だと言いながらね。
まぁ いいけどさ、私だって摘みたかったんだよ!

キウィ1
そこそこの大きさのものが30個、一口サイズが26個。
やっぱり今年は少ないねぇ。。。

買い置いてあったキウィの横に並べてみた。
キウィ2
右端が購入したもの。
それよりは少し小さいけれど、この大きさならなかなかのものじゃない?
キウィ大好きのさっちゃんが喜ぶだろうなぁ。
リンゴを入れて追熟する。

少なくなった花の写真を撮りながら、ムカゴを見っけ。
ムカゴ
今年は妙に時間に追われていて摘むことを忘れていたのだが、そのせいだろうか、大きな
ムカゴに吃驚した。
集めて「ムカゴの塩バター炒め」が大好きな娘に送ろうと、Kiiさんは張り切っている。

何度も獣害に遭い収穫できなかったミョウガだったが、チラリと実がついていた。
この赤には毎度ドキッとさせられる。
ミョウガ1

ミョウガ3 ミョウガ1
赤いのは果皮、目玉のように見える白いものは種子なのだそうな。

懲りずに購入してきた苗は、アジュガの白花とピンク花、雲南サクラソウ、ルピナス。
青いルピナスを植えたいと思い種を探しているが見当らず、これは混合だろうなぁ。
苗1 苗2
うっかり日向に置いたままにしてきた苗たち、明日まで無事でありますように。

posted by けい at 17:29| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
獣害に遭わずに無事にキーウィを収穫出来てよかったですね。
成り出したらどんどん量が増えるので来年が楽しみですね。
昨日の女子会で、キーウィを出荷している友人に会ったので
聞いてみたら霜が降りる前に収穫と言っていました。
私も今日は少し収穫しょうと思っています。
富士りんごは駄目と聞いていますが
王林×富士と言うリンゴを買ってきました
すごく匂っています
茗荷の花、びっくりする赤色ですね。
我が家はたくさん茗荷は生えるのですが
こんな実は成ったことがありません
白い眼玉、ちょっと怖いですが、探しています。
Posted by sakko at 2015年10月17日 06:26
☆sakkoさん、おはようございます。

年々数が増えるでしょうか?
剪定が問題ですよね。
sakkoさんのように熟練していないので、恐る恐るなんです。


茗荷は根で増えるのであまり実は付かないとかも聞きましたが、
どうなんでしょうね。
我が家でも赤い実は数個しか見当たりません。
不気味な色に吃驚します。
来年は獣害を避けられて、ミョウガご飯やしば漬けが食べられますように。。。
Posted by けい at 2015年10月19日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック