2015年12月27日

クリスマスローズのこと

時季を外してしまい、今秋はクリスマスローズの苗を買いそびれてしまった。
僅かにセミダブルのピコティを一株。
クリスマスローズの苗
多種を植え込めば自然交配で面白いものが現われるかもしれないという、これは虫頼み、
風頼み。
もう少し多品種になったら、自然頼みばかりではなく人工での交配も愉しんでみたい。

ところで自然交配のひとり生えは相変わらず、恐ろしい勢いで増え続けている。
クリスマスローズエリアには、もう迂闊に足を踏み入れられなくなってしまった。
クリスマスローズの実生1

クリスマスローズの実生2

クリスマスローズの実生3
至る所がこんな有様なのだ。

実生を鉢上げして育てるほうが丈夫な株に育つとも聞くが、自然に飛んで好きな場所で
育ったものが一番大株に育っているところを見ると、手を出すのも何だかね、、、と
思ってしまう。

懸案は防獣ネットで囲まれたこの不細工なエリア。
クリスマスローズエリアのブルーベル
クリスマスローズエリアの中に植え込んでいたイングリッシュブルーベル、これはハイブリッド種
だが、鹿やカモシカ、野ウサギの度重なる食害に悲鳴をあげ仕方なくネットで囲っていたもの。
木々が育ち日照が悪くなり、ブルーベルの花付きが非常に悪くなったので数年前から少しずつ
移植してきたのだが、此処にもクリローが侵入し始めて、いよいよ全面的に移す必要ありと
なってきた。
かなり大仕事になるので気が重いのだが、来春までには何としても完了しなければ。。。

この部分は全体に少し小高くして石を組もう。
クリローさん、此処もどうぞお好きになさってくださいまし。

さて、、、根性が薄れがちの昨今、意欲はあるものの冬場の作業として実行できるだろうか。
薪オーブンの傍らで丸まっている確率のほうが、高いような気もしないではない。

posted by けい at 06:59| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
もう2015年が過ぎようとしていますが
ようやくフラワーアレンジメントもひと段落で
息子が孫を連れて帰ってきています。

今年は暖冬で朽木は一度雪が降ったようで少し積もったようですが
先日行った時は積雪はありませんでした。
野菜も植えるのが遅かったようで
大根は細く白菜は巻かずで
情けない状態ですが
無いよりましと思って
細い大根や巻かないサニーレタスのような白菜を利用しています。
年が明けたらまた行かなくてはと思っています。

クリスマスローズは凄い繁殖力ですね。
少々湿った土が良いのでしょうか。
朽木は日が良く当たる場所で土も固くあまり広がりません。
クリスマスローズでドライフラワーのリースを作りますが
とても可愛いですよ。

来年こそは!!
と色々と思っております。
来年もよろしくお願いいたします。

Posted by Fiora at 2015年12月31日 22:11
☆Fioraさん、おめでとうございます。

今年もよろしくお付き合いくださいませ。

子供さんたちが帰省されて、賑やかな年始を過ごされて
いるのでしょうね。
朽木にもなかなか行けないようですが、今年は山便りを
たくさん聞かせていただけるものと期待しています。

野迫川は朝晩はそれなりに冷え込んでいますが、雪は道端に
うっすらと残る程度で、とても穏やかです。
昨年は後半が多忙の内に行きすぎたものですから、山の家で今、
気が抜けた状態でいます。
庭の手入れなど、気持ちが向くどころではありません。(苦笑)

クリスマスローズ、すごいでしょ!!
此処はクリローさんたちにとっては最適の環境なのでしょうね。
適度な日照と湿り気、一番いいのは落ち葉でふかふかなこと、
でしょうか。

クリスマスローズのドライフラワー、想像するだけで可愛さを
感じます。
作ってみたいです♪
Posted by けい at 2016年01月02日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック