2015年12月24日

お惣菜作りとゆで卵のこと

日曜日は飲料用の湧き水を汲むために日帰りで山入りした。
今回は間が空いたので飲料水が足りなくなり、悲鳴をあげていたのだ。

「帰阪を遅くするなら薪オーブンに火を入れてもいいよ、、、」とのことで持ち帰り用の
お惣菜作りに精を出す。
「お助け大根」
お助け大根1 お助け大根2 

お助け大根の煮汁で煮卵を作る。
煮卵1

茹で卵の殻ってすんなり剥けます??
新鮮なものほど殻に白身がどっさり付いて、ぼこぼこになりやすい。。。
じつは此処の卵も新しすぎるので白身が半分ぐらいになってしまい参っていた。
殻が剥きやすいと言われる方法をいろいろ試してみたけれど解決には至らず、もう諦めて
いたのだけれど、美味しい卵なので他に変わることも考えられず、、、

それが。。。
JA牧野のお姉さんから教わった方法を試してみたら「あら、あら、不思議!!」
すんなり剥けてストレスゼロになったのである。
茹で卵 茹で卵
卵のとがっていないほうに軽くコツンと衝撃を与える、たったそれだけ。
あくまでもとがっていないほう、丸みのあるほうですぞ!
衝撃を与えすぎると、白身がニョロッと出て少し不細工になる。
左下から時計回りに衝撃の加え方を変えたもので、右下が軽くコツンの口である。
「科学的に証明せよ」なんて言わないでね。

おからを煮てハタハタも煮て、昆布の佃煮も煮豚もできた、、、
06c.jpg

06d.jpg
流石の薪オーブン、天板には鍋が5個も乗り、それも火力が強い場所から弱い場所へと移動
させることで、一気の調理が可能だという頼もしさ。

少しバタバタしたけれど、これで数日は調理に頭を悩ますことがないと思うと嬉しいなぁ。

posted by けい at 17:52| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も後僅かになってきましたね。
何時もより暖かな年の暮れですね。
沢山のおかずの保存食出来ましたね。
卵は新し過ぎると皮が剥き難いですね。
卵に穴を開ける方法はテレビで見たことがありますが
穴を開ける時、割れてしまわないのかと
思ってまだやったことがありません。
尖って無い方ですね。
実験してみます。
Posted by sakko at 2015年12月25日 00:27
先週は 私めも 薪ストーブの上で 大豆を煮ました!
カナダ産の大豆は 安いし殿がセットアップ好きなので 重宝です\(^o^)/
かつお節とか桜エビのカリカリを乗せて 青ネギを散らすだけ=ズボラ〜〜
その内、昆布やら椎茸 人参など入れた普通の煮豆、、、
冬は アサリ貝も美味しいので しぐれ煮も作ります。

今日は クリスマス イヴ、、
娘家族は メキシコで泳ぐクリスマス👙
我ら👙 🏊、、苦手です.....(>_<)....
だって、、ガイコツが泳いでるって 大騒ぎニュースになりそうだもん(>_<)

ではでは、、、
Merry Christmas and Happy New Year !! from Canada
Posted by 草刈マッサオの妻 at 2015年12月25日 03:55
☆sakkoさん、こんにちは〜

仕事はやっとひとつ山を越えて、ホッとしているところです。
大きな山が待っているのですが、そちらは年明けに頑張ろうと。。。
年々根性がなくなってきます(-_-;)

暖かなのはいいのですが、こういうのは不気味ですよね。
冬はそれなりに寒くないと、来年またいろいろと影響が出て
くるのではと案じています。

時間に追われる時は保存食があると助かりますよね。
今日は何にしようかと頭を悩ますときは、sakkoさんちの
冷凍庫が羨ましいですよ。(笑)

ゆで卵ね、今はもう新しいものでもヘッチャラ。
面白いものですね、長年難儀してきたのが嘘みたいです。
Posted by けい at 2015年12月26日 15:17
☆草妻さん、こんにちは〜

いいですね〜そちらは豆類は本場ですものね。
豆料理がいろいろあると、ほんとうに嬉しい!!
何しろ、豆の本場、北海道は十勝の産ですから、幼い頃から
しっかり豆好きです。

アサリ貝のしぐれ煮ですかぁ。
贅沢な一品ですねぇ。

>ガイコツが泳いでる
思わずKiiさんと二人で「がいこつのほうがいいよね!!」
だってね、我々なら何と言われるか、、、これだけ山で動い
ているのに年々ぷっくらこんになるんですもの。

殿も草妻さんも、どうぞよいお年をお迎えくださいね!!
Posted by けい at 2015年12月26日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック