2016年04月24日

バイモユリやムスカリ、ハナニラなど。

長い間、葉が出るのを待ち構えるように野ウサギに食べられていたので、消えた植物が
ずいぶん多いのだが、中には持ちこたえて意外な広がりを見せてくれるものもある。
今年のムスカリやハナニラには「お、ぉ、ぉ、、、」と言いっぱなし。
「ムスカリ」
ムスカリ
いつか、青いカーペットになってくれるかな。。。

「ハナニラ」
「イフェイオン」或いは「アイフェイオン」という呼称が正しいらしいが、最初に
インプットしたのがハナニラだったのでついそう呼んでしまう。
ハナニラ

ハナニラ
「ムスカリ」も「ハナニラ」も思いがけない場所でいくつもコロニーを作り、増えている
のが嬉しい。

ローンデージーもどんどん増えている。
ただ、今は防獣ネットが効いているが、いつこの平和が破られることか、彼らの逞しさは
予測ができない。
ローンデージー
これは入口からの通路脇のローンデージーだが、今や敷地内の至る所がこんな状況に
なっている。

ローンデージーは蕾の時の花弁の外側は濃い紅色だが、開花すると内側は白い。
ローンデージー1

中には開花しても花弁に紅がある個体も出現しだし、面白いなぁと楽しんでいる。
ローンデージー2

「バイモユリ」
そろそろ個別の防獣ネットは外そうかと思いつつ、此処もまだ決心がつかない。
バイモ

バイモ

入口通路脇にあるボケは、大切な友人に貰った思い出の木。
ボケ

クリローエリアの隅っこで、小花が咲いていた。
「チャイナチェリー」
実は食べられるそうだが、鳥に先を越されるのかまだ実を見たことがない。
チャイナチェリー

クリローエリアのあまり目をやっていなかった一角に、変わった咲き方をしている一株を
見つけた。
クリスマスローズ
実生株には俯かないクリローが出ているのだが、この子も元気がいいね。
旬を見られなかったのが残念。

「ニワウメ」
ニワウメ
枯れかけていたのだが、少し元気を取り戻していた。

此処にはニワウメしか植えていないはずだが、記憶に間違いがあるやもしれず、念のため
にとネットで調べてみた。
ニワウメもニワザクラも混同されていることがあるような。。。
我が家のニワザクラは八重花だったが、日照が悪かったのか枯れてしまった。

posted by けい at 09:52| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バイモユリ、ムスカリ、ハナニラ・・・・・あ〜、これは我が家にもあると
なんとなくゆとりで見ています
デージーは前は良く植えていたのですが
この花、なぜか我が家では育ちが悪いのであきらめました
変わった花のクリローですね
私は種が落ちて生えたのを鉢に上げて花を待っています
変わった花が咲かないかな〜と。

今朝はまた少し冷え込んでいます。
でも、今年は暖かいですね
もう晩霜の心配はなさそうです
Posted by sakko at 2016年04月25日 06:44
☆sakkoさん、こんばんは〜

バイモユリ、ムスカリ、ハナニラ、、、今頃旬なんですよ。
ローンデージーは可愛いですよね。
野ウサギたちに食べられなくなったおかげでどの花も増えて元気よく、
嬉しい春です。
でもね、隣地境界の防獣ネットの外には鹿の足跡と糞が多数あり、
恐々としています。

クリローさん、自然交配でちょっと変わった子が登場してくると
嬉しくて飛び上がりたいほどですよ〜
三年子がたくさん育っていますので来年が楽しみです。
sakkoさんは鉢上げされているのですね。
そのほうがよく育つと聞いていますが、山庭では数が多すぎまして。。。

晩霜、こちらは結構きついです。
シランもエビネも被害甚大です。
Posted by けい at 2016年04月25日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック