2016年05月06日

ジューンベリーやプラム、カリンのこと

ジューンベリーの花が満開になった。
木を大きくしてしまったので花を楽しむことも実を摘むのも難儀になり、思い切って切り
詰めようと考えている。
ジューンベリー

ジューンベリー

カリンは昨年は不作で、私の喉の特効薬である花梨酒を漬け込むことができなかった。
今年の花付きはとてもいいのだが、さて実の生りはどうだろう。
カリン

カリン

ログ裏のカリンにも花が付き始めた。
カリン

昨年実生りの悪さに泣いたのは梅も同じく。
仕方なく購入した梅で漬けた梅干しは、私とは相性が悪くて美味しい仕上がりにはならな
かったから、なおのこと今年の出来が気に掛かる。
白加賀
白加賀は今のところこんな大きさで実の付きはかなりいいようだが、もっと大きくなった
ところで昨年は大風に見舞われ、ボロボロ落ちたのだった。

と、、、白加賀の横にあるサクランボを見て吃驚した。
サクランボ
霜で実を結ぶまでには至っていなかったはずなのに、一部生っているいるではないか。
食べるものになるかどうかは別として、鳥さんたちは喜ぶことだろう。

洋ナシの花が結構咲くようになったけれど、残念ながら受粉樹が枯れてしまった。
洋ナシ

洋ナシ
「何か植える?」「ウ〜〜ン、梨って実が生るようになるまでに相当時間が掛かるんでしょ」
老い先短い二人だしねと悩んでいる。

プラムはサンタローザとソルダムが大きくなっていたのだが、移植してソルダムは枯れて
しまい、その後二度苗を植えたものの、何故かソルダムには嫌われている。
ハリウッド
これは「ハリウッド」で赤い葉が個性的な品種。

他には「オザーク・プレミア」「太陽」昨年植えた「貴陽」や「秋姫」も元気でスクスク
育っている。

「プラムはもうこれでいいね」と言っていたのだが、先日立ち寄った道の駅で「私たちを
連れ帰って!」と懇願されたから仕方がない。
プラムの苗
新たに仲間入りしたのがこの二種で、「秋の紅」と「紅りょうぜん」
「花木は勿論のこと、果樹ももう植えることは避けなきゃ、、、いい加減にしないといかん
なぁ」とは思うけれど、一株320円には完全に負けたわ。

posted by けい at 18:43| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花木の花が終わり果樹の花盛りですね
私のジューベリーは小さな実を付けています。
私の月桂樹はもう花を写せないほどの樹高になっています
実はあまりなりません
白加賀、沢山実が付いていますね
我が家は今年も不作のようです。
小梅はほどほどになっています
さくらんぼも沢山実を付けましたね
前のが枯れたので昨年2本植えましたが
今年はまだ花も咲かなかったです
1本だけ植えたソルダム、毎年花は咲けども実は成らずでしたが
今年はちょっと離れた畑のスモモの一枝を持って行って
受粉させました。実が付いています
けいさんは優しい「連れて帰って」と言われて断われないですね。
Posted by sakko at 2016年05月07日 01:10
☆sakkoさん、こんにちは。

果樹も花木も草花も、今年は大方が良く育って花盛りです。
野ウサギが居なくなってから二年目の春、やっと昔の姿を
取り戻してきたんだなぁと感慨もひとしおです。
長い足踏み状態でしたものね。。。

ジューンベリーもそうですが、うちは樹高を高くし過ぎです。
どうにもならなくなったものも多くて、悩みの種です。

白加賀、昨年も実はたくさん付いたのですけど、大風でポロポロ
落とされて全滅してしまいました。
ですから、先日の突風には肝を冷やしましたよ〜
なんとか収穫まで持ってほしいものですが。
やはり白加賀が美味しいですものね〜

プラムの苗木だらけでしょ!
早く実るようにならないかしら。。。
サンタローザにはソルダムが必要なんですよね。
後の分は受粉がうまくいくという樹種を揃えているのですが、どうも
ソルダムとは相性が悪くて育ってくれません。
Posted by けい at 2016年05月07日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック