2016年05月15日

ウワミズザクラ、オトコヨウゾメ、再びのクマガイソウ

気を揉ませてなかなか咲かなかったウワミズザクラが、ようやく開花した。
「咲いたね! いいねぇ。。。」と何度も口にしながら見上げているKiiさんである。
ふふふ、植物音痴だったのにね。
ウワミズザクラ1

ウワミズザクラ3
樹高が高すぎるので、ヘボな素人カメラでは撮りにくい。

オトコヨウゾメも開花。
オトコヨウゾメ1

オトコヨウゾメ2
オトコヨウゾメの白って、また格別じゃない?
白もいろいろだなとつくづく思う。

白といえば、庭奥にそびえたっているハクウンボク。
昨年はまったく花をつけなかったのだがその反動か、今年はどの枝にも蕾がどっさり。
ハクウンボク
さぞかし見事になるだろうと、ワクワクしながら開花を待ちわびている。

クマガイソウの花がまた咲いている。
クマガイソウ1
此処が気に入ったのか、増えているのが嬉しい。
クマガイソウ2
花それぞれに自然の造形の美があり、陶然として眺めている。

posted by けい at 06:19| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんこんばんは。

ここんとこの精力的な記事のアップに、あれ?昨日けいさんとこ寄らなかったっけ?と勘違いする始末。

春から夏に掛けては特に忙しい時期でもあるのは判りますが、それにしてもすごい。

クマガイソウは存在感ありますね。 北海道にも似たような花でレブンアツモリソウがありますが、流石に山野草店でもほとんど見たことが無い。 もしかしたらあまりに高価なものだから人前には出さないのかもしれませんが・・・。

それにしても上手く繁殖してますね。 環境がいいんでしょうね。 それと愛情と。さすがです。

早く日陰が欲しい・・・とため息ばかりです・・・・。
Posted by あいやばば at 2016年05月15日 23:18
☆あいやばばさん、こんにちは〜

花と雑草に追われてヒイヒイ言ってます。
例年は草に追われるだけだったのですけど、野ウサギが居なくなって
から丸二年、花たちの復活劇に嬉しい悲鳴をあげさせられてますよ。(笑)

それでも、もうそろそろ落ち着いてきた感じです。

アツモリソウって憧れです!
レブンアツモリソウ、御目文字してみたいです。

アツモリソウは極たま〜に山野草専門店のカタログに載っていたりしますけど、
高価ですね。
とてもじゃないですけど、手を出せません。
憧れは憧れでいいんじゃないか、最近は負け惜しみが強くなってきました。

クマガイソウ、もっとしっかり増えて欲しいです。
今のところ新しい株は二つしかないんですよ。
気難しいのでしょうか。

陰が大きすぎるのも考えもので、「適度」というのが一番なのだと
つくづく感じます。
枝を払って陽が少し入るようになると、山野草もずいぶん元気がいいです。
Posted by けい at 2016年05月16日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック