2016年05月16日

日本スズラン、ドイツスズランとシライトソウ

長きに渡って食害を受けていたものにスズランもある。
私の原風景である白樺、スズラン、ライラックだが、白樺とライラックはカミキリムシに
弱く、スズランは野ウサギの大好物だった。
毒草のスズランを平気で食べる野ウサギなど考えられないが、芽が出る端から舐める
ように食べ尽くされていたものを、ネットインネットで保護して、ようやくここまで増えてきた。
野ウサギ追い出し作戦が功を奏して丸二年、今は至極平和な山の庭だが、いつまた
という懸念もあり、此処のネットインネットは外せないまま。

日本スズランとドイツスズランはどちらもログ前の庭に植えられている。
小道と山野草エリアを間に設けてしっかりとエリア分けしていたつもりだが、最近
ドイツスズランのエリアにほっそりしたものが現われたりして、少し怪しくなってきた。
ドイツ種と日本種は交雑する??

「ドイツスズラン」
ドイツスズラン1

ドイツスズラン2

「日本スズラン」
日本スズラン1

日本スズラン2

見分け方は、日本スズランは葉の裏が白っぽく、ドイツスズランは葉の裏に艶があること。
ドイツスズランのほうが花の主張は強く、日本スズランは葉陰にひっそりと咲く。

日本スズランを撮りながらその奥にふと目がいく。
あんなに奥までスズランが広がっているなぁ。ついとその横を見て吃驚した。
あ、あ、あ、シ、シ、シライトソウ!!
消えたと思っていたシライトソウ(白糸草)がスクッと立ち、真っ白なブラシのような
可愛い花を咲かせていたのだ。
シライトソウ

シライトソウが復活したなら、、、と欲が出てくるもので、その辺りに植え込んだはずの
シラネアオイはどうなったかと日本スズランの葉をかき分けてみたが、そちらは影も形も
無かった。

posted by けい at 18:09| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨の予報なのに降らないなと思っていたら
田原本町に22時ごろ豪雨注意報が出ていまいた。
雨が多い5月です
野ウサギが来なくなって、天国のお庭ですね
日本スズランとドイツスズラン、
我が家のはどっちかな?
白糸草、いいですね。
深山の植物と思っていました。
お庭にはたくさんの山野草がありますね
羨ましいですが、これは無理
里には里の花を植えて置きましょう
Posted by sakko at 2016年05月17日 00:50
☆sakkoさん、おはようございます。

五月はほんとうに雨が多いですね。
晴れると半端ない暑さになりますから、喜んでいるのは雑草ばかり。
豪雨注意報、、、どんな状況だったのでしょうか?
被害がなければいいのですが。

スズランとシラカバとライラック、この三種は原風景。
切り離して考えられません。
スズランも一面にあったんですよ。
ようやく復活してきました。
いい香りです。
シライトソウには吃驚しました。
まさかまさかでしたから飛び上がってしまいました。

山野草、、、大好きなんです。
園芸植物はよほど寒さに強いものでないと植えられませんし、
sakkoさんのお庭で愉しませていただいているんですよ〜
Posted by けい at 2016年05月17日 05:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック