2016年05月19日

イリス・クリスタータとヒメシャガのこと

一面に増えていたイリス・クリスタータとヒメシャガが、度重なる食害で全滅したのは
もう6年ほど前のこと、しつこく探索して小さな芽を見つけ大切に保護してきたのだが、
やっと花をつけるようになった。

山の庭の復活劇に貢献している植物は数多いが、中でも「イリス・クリスタータ」は
大きな感激で開花を迎えたのだった。

「イリス・クリスタータ」
イリス・クリスタータ1
青い花を目に留めた時は思わず「バンザ〜イ!!」
足の痛みを忘れて思わず飛び上がったもんね。
イリス・クリスタータ2

イリス・クリスタータ3

イリス・クリスタータ4
美しい青でしょう?

ヒメシャガはまだ細々の復活。
ヒメシャガ3

ヒメシャガ4

ヒメシャガ1

ヒメシャガ2
株自体は大きくなっているから先が楽しみ。

posted by けい at 13:22| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック