2016年05月31日

地味系ですけど、、、

西洋イワナンテン、クリスマスホーリー、サンキライという、花が比較的地味系の三種を。。。

「西洋イワナンテン」
西洋イワナンテン
切られても折られても踏まれても決して負けない、、、ほんとうに丈夫な低木だ。
これは斑入りだが、斑入りでない種もありそちらはあまり邪魔になるので(ゴメン)
ブツブツ切って裏山の土留め用に直挿ししたら、ほとんどが根付いたのだった。
今や立派にお役を果たしているから「ありがとう!」である。
斑入りの西洋イワナンテンは三株ありこれらも大きくなりすぎているので、この梅雨時期
に、鹿やカモシカが走り回って崩れかけている裏山に直挿ししてみようと思っている。

「クリスマスホーリー」
クリスマスホーリー
冬の赤い実が楽しいクリスマスホーリーだが、葉が痛い。
いい香りがするような気がして鼻を近づけてみたがあまり感じられなかった。
あの香りはさて何処から??

「サンキライ」
サンキライ
ログ前の庭の特等席にいつの間にか陣取り、つい触れて鋭い棘に「痛っ!」と叫ぶのだが、
でも、引き抜けない。
これは雄木。
せめて雌木なら美しい実を楽しめるのに、残念ながら雌木はログから離れた上の敷地に
ばかり生えている。

「ツルオドリコソウ」
ツルオドリコソウ
白花やピンク花もあったが、黄色だけが残った。

「シラン」
シラン1

シラン2
蕾がほとんど霜害に遭った。
白花はやっと蕾が見えてきたところなので、なんとか楽しめそうだ。

「オダマキ」は斑入りアマドコロの陰に一株だけ咲いているのを見つけた。
西洋オダマキ
「西洋」も「山」も「深山」もまだ回復していない。

posted by けい at 17:02| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうは地味系のお花ですね
ツルオドリコソウ、黄色ですね。
私が春先にオドリコソウと云って載せているのは
ツルオドリコソウだったのかな。
黄色は無くて薄いピンクと白でした。
私のシランも葉先が霜でやられて写真のアップが出来ないような花になりました。
以前はそんなことが無かったように思うのですがね。
春先、急に暖かくなってまた霜の朝の繰り返し
シランにとっては気の毒でした。
オダマキ、ミヤマオダマキ、洋オダマキ、復活するといいですね
Posted by sakko at 2016年06月01日 00:44
☆sakkoさん、こんばんは。

風邪はもう大丈夫ですか?
無理をしないでくださいね。

晩霜に遭いやすい植物、何度も同じ目に遭っているのにシランもなかなか
学習しません。
なが〜いスパンで適応して変化していくのでしょうね。。。

ツルオドリコソウ、白もピンクも可愛いのですが、黄色だけが残りました。
黄色以外の色は、最近販売されているのを見かけません。
見かけたら即買いでしょとKiiさんが笑うんですよ。
Posted by けい at 2016年06月01日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック