2016年05月21日

ツリバナやアジュガ、キランソウ、

ツリバナの花がどっさり咲いているのだが、何しろ小花で色も地味なので目立たない。
ツリバナ1
緑の葉の、やわらかな雰囲気のほうが印象的かも。
ツリバナ2

ツリバナ3

「黄金シモツケ」
黄金シモツケ
緑が多い庭でこの葉はとてもよく目立つ。
けっこう大株に育っている黄金シモツケだが、不思議なことに、実生は黄金葉のものが
少ない。
実生の緑葉も赤花が多いのが不思議で、たまに白花が出てくると、とても大事にされている。

「アジュガ」
セイヨウキランソウ(西洋金瘡小草)しそ科キランソウ属
和名セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)、ヨウシュジュウニヒトエ(洋種十二単)
アジュガ1
以前から有ったのは斑入り葉のこの種ばかりだった。
春先にJA牧野で白花と桃花を見つけ三株ずつ購入したのだが、咲いてみたら白花は
たった一株だけ。
ラベルはしっかり止め付けられていたので、出荷元から間違っていたのか。。。
アジュガ2

アジュガ3
ポットもきちんと色分けされていたのにと、少しガッカリ。。。

アジュガはキランソウ属とのことで、キランソウも一枚。
「地獄の釜の蓋」などといういかにも恐ろしげな別名を貰っているのが可哀想なぐらい、
よく見ると可愛い花だ。
キランソウ
庭の至る所にふつうに生えているので大して気にもしていなかったが、薬効があるそうな。
解熱、咳止め、健胃、下痢止め、去痰とか。
キランソウ茶というものものあるそうだが、小さな植物なので作るのは面倒そうだ。

日本には「ジュウニヒトエ」があるそうだが、まだ見たことがない。

posted by けい at 19:31| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日中は30度を越す暑さですが夜は涼しです。
アジュガ、洋種ジュウニヒトエ、
私のはジュウニヒトエと思ってお育てていますが
洋種のジュウニヒトエかな?。
キランソウは別名「地獄の釜の蓋」ですか
可愛い花なのにね。
時としてびっくりする名が付いているのがありますね
Posted by sakko at 2016年05月22日 00:34
☆sakkoさん、こんばんは。

連日の猛暑に参ってしまいますね。
うちも朝錬・夕錬に切り替えました。
日中は少しゆっくりしたり中の片づけをしたり、、、
朝錬・夕錬もやはり朝のほうが作業が捗りますね。
山の直射日光は半端ない厳しさで疲れ気味、そろそろ
ひと雨欲しいなぁと思うこの頃です。

「地獄の釜の蓋」って、可愛い花なのにひどいですよね。
Posted by けい at 2016年05月22日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック