2016年05月22日

山ブキや山椒仕事、ウルイに三つ葉、ミニ菜園のこと

獣たちが食するため周辺から一気に減った山ブキを庭で育て始めて数年、まだ僅かだが
やっと摘み取ることができるようになってきた。
山フキ

山ブキ

山椒の若芽も摘んできた。
若い枝ごとブツブツ折り取るのだが、時期が少し遅かったのか若枝が少なかった。
山椒の若芽

脚立に上がって山椒を摘みながら、「そういえば上のコゴミ畑の辺りには以前山ブキが
たくさん自生していたのにな」とふっと目を転じる。
山ブキは消えてしまったがコゴミが勢いよく伸びている。
コゴミ畑1

コゴミ畑の上の敷地から見ると、かなり奥までエリアを広げている様子。
コゴミ畑

これは育樹園で勝手に増えているコゴミ。
育樹園のコゴミ畑
此処はもう既に我らが領土!とでも思っているかのようにスクスク。
コゴミ畑は三か所、今年は晩霜に当たったり散々だったが、来年に期待している。

ミニ菜園はようやく一区切り。
ミニ菜園

手前の小さな香辛野菜エリアにはパセリやバジル、タイム、ローズマリー、青紫蘇、ホース
ラディッシュ(畑のわさび)などを植えている。
タイムに可愛い花が咲いていた。
タイム

そういえばすっかり消えたと思っていたコンフリーを見つけた。
コンフリー
コンフリー入りのポテサラが大好きだったが、毒性ありとのことで以来食していない。
あの話はその後どうなったのだろうか?

摘んできた山ブキと山椒の若枝は早速佃煮風にした。
山ブキはKiiさんの要望であっさり煮、山椒はいつも通りに鰹の削り粉をたっぷり。
山ブキと山椒の若枝 昆布の佃煮
ついでに昆布の佃煮も作り、少しずつ器にのせて酒の肴にする。

今夜のお菜のメインは、ウルイと三つ葉を摘んできて。。。
ウルイと三つ葉
ミツバは鶏ムネ肉の酒蒸しで辛し和えに、ウルイ(オオバギボウシ)は淡竹と天ぷらに。
最近こんなメニューがすご〜く好き。

posted by けい at 18:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック