2016年06月23日

山椒仕事も忙しい

実山椒が摘み頃なのだけれど、雨が多いので思うようにいかない。
晴れ間をみて二人で半日摘み「頑張ったよね〜」
山椒の実
でも、たった2キロしかなかった。

雌木は実を摘めるほど大きくなっているものが4株で、まだ丸々2株分が残っている。
青いままでも冷凍しておきたいので絶対に摘みたいのだが、時間が掛かるので大変だ。

山椒の青い実を醤油とウスターソースに漬け込む。
山椒の実漬け
どんな味わいになるのかとワクワク。

残りは佃煮に。。。
山椒の実の佃煮
山椒の実の佃煮は煮魚を始めいろいろな調理に利用できるが、わが家ではちりめん山椒を
多く作るのでそこで使い切ってしまう。
これで向こう一年賄えるかどうか、かなり微妙。

昨年の梅は暴風で落ちてしまい、シロップ漬けにするぐらいしか収穫できなかった。
今年は今のところまだ持っているが、「うちの梅で10キロ以上は充分あると思うよ」
と言うKiiさんに、「せいぜい5キロぐらいかな」と私はかなり懐疑的なのである。

JAに出かけた折に南高梅を5キロ買ってきた。
南高梅5キロ
うちの梅が漬け旬になる頃には平地の梅はすっかり終わってしまう。
その時に収量が少なくてもどうにもならないので、気が気ではなかった。
自家製の無農薬の梅漬けは子供たちに送り、購入した梅は私たち用にするつもり。

雨が多くて中の仕事は捗るがそれも急ぐ部分は大方キリがつき、後は晴れ待ちの作業ばかり。
「そろそろ川の水量も増えているだろう。二時間ばかり遊んでくるね」とKiiさんは
食漁師に変身。
アマゴ
16〜21cmサイズが16尾、まずまずの釣果だった。
子供たちとのバーベキューでは主役になるだろう。

posted by けい at 16:18| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山椒の実、摘みに二人で半日、そして2s
なんでも大量ですね。
醤油漬けは想像が付きますがウスターソース漬けはどんなお味でしょう
佃煮も沢山ですね

晴れ間を待って畑に行ったら草は元通り、え〜〜また生えている
そして畝間は水浸し、鍬仕事が出来ません

沢山の釣果
さっちゃん、ゆうちゃんが来る日が待たれますね。
Posted by sakkp at 2016年06月24日 06:57
☆sakkoさん、こんばんは。

山椒の実、4キロは欲しいところですが、今年は春先の霜害もあり
ちょっと無理っぽいです。
今日は早めに雨が来ましたし、400g程度摘んだところでアウト。
ドクダミや山桑のお茶も作らなければならないので、これでこの
時期の山椒仕事はキリにしようかなと思ってます。

そうなんです、醤油の山椒漬けは想像ができますよね。
ウスターソースに山椒の風味が移ったら、どんな味わいになるの
でしょう。
楽しみです。

アマゴ、もっと釣ってきてほしいのですが、お尻の叩き方が少ない
かも。。。(笑)
Posted by けい at 2016年06月24日 19:36
けいさんおはようございます。

山椒やドクダミ・スギナ・・・と、自前で調達しては、魚までも・・・。

たった2時間で十数匹は上出来だと思いますが、それでも尻を?? 

腕もさることながら環境はここより断然いいですね。

ここは札幌に近いっていうこともありますが、元々はヤマメ・イワナの河川だったのにニジマスやらが幅を利かせてっていう河川が北海道には多くて、渓流釣りは興味半減してしまいました。 一人で行くと熊に遭うのが怖い!ってのもありますが・・。

もしかしたら、終の棲家?を野迫川に決めた理由はこのアマゴだったんじゃないかって気がしてますが如何に?
Posted by あいやばば at 2016年06月25日 10:46
☆あいやばばさん、おはようございます。

終の棲家を定める際に一番重視したことは、空が広いことと
渓流釣りのできる川が近いことでした。
昔から私たちの遊びのフィールドは渓流でしたし。。。
車で一時間ほどで行ける圏内に大きな渓流(大塔の舟ノ川、天川村の天の川、
野迫川村の川原桶川)がなければ今の場所は選ばなかったのでしょうね。
でもね、車で5分ぐらいの所に穴場が有るなんて、想像もしていなかった
ですよ。
アマゴとイワナと食べられる山菜・野草があればなんとか生き延びられ
ますし〜

数年前の大漁が凄かったので20尾以下では「たったそれだけ?」と
言われることになります。(笑)

あいやばばさんの近くの川、ヤマメ・イワナの河川だったのですか。。。
ウ〜ン、残念ですね。

最近はラジオや鈴も逆効果だと聞きますし、Kiiさんも熊には
神経を尖らせているようです。
北海道の熊はもっと怖いですしね、、、
Posted by けい at 2016年06月26日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック