2016年06月24日

相性の問題?

山の庭でうまく育たないものが幾つかあって、その筆頭がバラとクレマチス。
今度は上手くいくかなと思っても、雨と虫に祟られて満足に育たない。
放任の無農薬でいける植物ではないと理解はしているが、手を掛けられないものを無理に
植え込むのはやはり無謀だった。

その中で、「ナニワノイバラ」と「ハトヤバラ」だけは例外のようだ。
「ナニワノイバラ」
ナニワノイバラ1

ナニワノイバラ2

「ハトヤバラ」
ハトヤバラ1

ハトヤバラ2
共にうっかり触ると肌を抉るような鋭い棘だが、カモシカや鹿たちはそんな棘などものとも
せず食するのだから大したものだ。
ハトヤバラ3
夜な夜な防獣ネットの外をうろついては脅すような声を発している彼らだが、今のところ
侵入できず、ネットから外に飛び出した枝だけを食べて諦めている様子。

「箱根サンショウバラ」も山庭には合っているようだ。
箱根サンショウバラ

たくさん植え込んだバラ苗は大方が枯れる寸前だが、この種は元気で新梢にも蕾がたくさん。
バラ1

バラ1
此処に植え込んだのは「コーネリア」と「フェリシア」だが、これはコーネリア?
もう一方は蕾はたくさんつくものの虫害に弱く、満足な花を見ることができない。

細々ながら健在のものも。。。
「ソニアドール」
バラ2

「アイスバーグ」
バラ3

「サマーメモリーズ」
バラ4

台木から育った名無しの蔓バラ。
バラ5

いくら「好き」でも、気難しいものには手をつけないほうがストレスが少ない。。。
そう思い、今年はバラとクレマチスの苗には一切目を向けないようにしている私である。
庭に手を掛けられる時期が来たら、また出直そう。

posted by けい at 19:24| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も午後から雨が降っています
そう言えば私もバラとクレマチスはほとんど待っていません。
昔から有る赤いバラが一株、これはあまり虫が付きません
クレマチスも鉢植えで細々と一株育てています
それにブルーベリーも育ちません
当地ではほとんど育たないことがわかりました。
Posted by sakko at 2016年06月25日 00:22
☆sakkoさん、おはようございます。

雨はあがりましたけど、雲行きがまた怪しくなってきましたよ〜

バラとクレマチス、大好きなんですけど、山の庭では手入れの
必要なもの、草に負けやすいものは無理なのだとつくづく
思い知らされてます。

草にも寒さにも負けずに育ってくれるものって難しいですよね。
庭や畑に掛かりきりになれるようになるまで、バラもクレマチスも
お預けです。
それでもナニワノイバラとハトヤバラ、箱根サンショウバラだけは
強くて健在なのが頼もしいです。
ナニワノイバラとハトヤバラの棘はバラたちの中でも相当に痛い
ですけどね。

ブルーベリーも育ちにくかったですか?
Posted by けい at 2016年06月26日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック