2016年12月23日

柿チップスと日本ミツバチのこと

柿チップスを作りたいと、これは願望だった。
今年、柿チップスに手頃な柿を得て、いざと意気込んだのだが。。。

仕事の都合と天候の兼ね合い、山に居られる日とのタイミングで苦戦している。
柿チップス1

軽く干せただけだが、薪オーブンの助けを得て柿チップスは極上の仕上がりになりつつ
あり、つまみ食いするとかなり美味しい。
柿チップス2

日差しが出てくると柿チップスの干しザルを表に出すのだが、その際に吃驚する光景を
目にした。

甘い香りに誘われたのか、わらわらと、わらわらと、いったい何処から出てきたのか
日本ミツバチの群れ。
気温は決して高くない日中なのに、どこにいたのだろう、こんなにたくさん。
(画像を撮ろうと思ったけれど、蠅も居たので臆してしまった。。。)

今 Kiiさんが填まりこんでいるのが、日本ミツバチの蜂蜜への願望なのだ。

ゆうちゃんとさっちゃんに日本ミツバチの蜂蜜を味わってもらいたいなぁ。。。

この時期にこれほどの日本ミツバチが集まるということは、、、期待できるよね。
巣箱作りにいっそう気が入る、Kiiさんなのである。

posted by けい at 19:07| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柿チップス、良い出来上がりですね。
薪オーブンの力は大きいですね。
私の柿チップスは秋の初めに干したのはお天気続きで
太陽の光も強かったのできれいに仕上がりました。
12月になって固そうな柿を選んで作ったのですが
糖度が前のよりずっと高く、この暖かい雨の多い天候で
上手く乾きません。
自家製の蜂蜜がとれるといいですね。
Posted by sakko at 2016年12月23日 23:14
☆sakkoさん、こんにちは。

柿チップスって美味しいですね!
でも、この季節になると陽の光が弱くなっているので
乾燥させるのに四苦八苦です。

薪オーブンに熱を回さず、放熱だけを利用して干すのが
いいと判りましたが、時間がずいぶんかかります。
山に居る日が続かないと無理ですね〜
陽にも充てたいと外にがして吃驚!!
糖度が上がるせいか日本ミツバチの数に卒倒しそうでした。

Kiiさんね、お正月には巣箱を作るそうですよ♪
Posted by けい at 2016年12月24日 16:28
ニホンミツバチが、この季節、山の中でまだ活動していましたか。
驚きましたーー。
柿の甘い香りに誘われたんですねぇ。
古い柿の木の実を取らずに、ほったらかしているお宅を結構見かけますけど
あの柿、鳥達だけじゃなく、ミツバチも「美味しい美味しい」と
食べているんでしょうか。
けいさんの記事を読んだら、ミツバチのご馳走にもなってる気がしてきました。

前の記事の、畑のこと。
持ち直した野菜の、葉っぱが綺麗ですねー。
もう虫も来ないし、綺麗な摘み菜がたっぷり食べられそうですね。
あきらめてた野菜が持ち直して来て、収穫できると
本当に嬉しいですよね。

来年は、自家製ハチミツが楽しめそうですね?
養蜂用の服も買われるのですか?
初収穫は、いつ?どうなるの?と楽しみです。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年を。
Posted by ちほあるいははるの at 2016年12月29日 16:11
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

日本ミツバチ、この時期でもたま〜に飛んでいるのを見かけては
いたのですが、濃厚な柿の甘味に惹かれたのでしょうか。
真っ黒に群がるほど飛んできたのには吃驚しましたし、怖いほどでした。
でも、これってうまくいけばいつかは蜂蜜を期待できますよね!

菜園は試行錯誤で今年も終わりました。
此処の土に合うもの、気候に合うもの、その選択が難しいです。
それでも少しずつは賢くなっているのかな〜〜

>養蜂用の服
蜂蜜を採れるようになるまでには暫しかかりそうですが、用意
しなくてはならないほどに採れるようになったら嬉しいです。

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします!!
Posted by けい at 2016年12月31日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック