2017年01月06日

日本ミツバチの巣箱作り

花を植えようと貰ってきたワイン樽を、日本ミツバチが占拠して巣を作ったのは、
もう14年ほど前のことになる。
二年ほどは巣として利用していたのだが、黄色スズメバチに目をつけられて嫌気
がさしたのかワイン樽は見捨てられてしまった。
中がどうなっているのか、切断してみる勇気もなく放置されているのだが、傷む
前にガーデニングになと利用しようと思っている。

それから以降も日本ミツバチに関してはそれなりに情報を得たりはしていた様子
だったが、昨年末に柿のチップスにわらわらと群がる日本ミツバチを見て一気に
火が点いたようだ。

材料をいろいろ買い込んで、、、いざ、巣箱作りだ!!
日本ミツバチの巣箱作り1

日本ミツバチの巣箱作り2

日本ミツバチの巣箱作り3

日本ミツバチの巣箱作り4

とりあえず完成。
こんなものを5個ほど作る予定だそうな。
日本ミツバチの巣箱作り5
これが完璧な形だとはいえないし、思うものにたどり着くまでには試行錯誤が
続くのだろう、、、

posted by けい at 08:43| 奈良 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね〜 (*^_^*) ぼくも日本ミツバチを是非飼ってみたいと
思ってた(今も思ってる)んですが、確か「すむし」という巣に住み着く虫
の動画を観て、、、めげました〜〜 (-_-)

あのタイプ、一番苦手なタイプなんです。。。
世話をきっちりやってたら出ないもんなんでしょうか?

自家製の蜂蜜は夢なんですけど。。 乗り越えられる物と、無理な物と
あるんですよね〜 ぼくはああいうムイムイがダメなんです〜 (^_^;)
Posted by mic_river at 2017年01月06日 13:37
けいさんこんにちは。

すごい! 遂に始めましたか。 kiiさん生き生きしてる様子が手に取るように判りますが・・。

ふつう・・いくら自宅に巣を作ったってミツバチの巣箱なんて考えもしないですよ。 経験の有る無しでいけば既に経験があるといってよいのかもしれませんが・・とはいえ、女王蜂がここを住みかとするのはハチ次第なのか、それとも人が人為的に住まわせるのかその辺全く判りませんが・・是非是非すべての箱とはいわないけれど巣作り始めることを祈ってますです。


巣箱も一個じゃなくて5個作るってのも力の入れ方の違いが判ります。

巣箱の最終形がどんなのになってるのか、果てはいつのことか判りませんが・・Ki印のはちみつが市場に出回ってたりして・・。
Posted by あいやばば at 2017年01月06日 13:48
Kiiさん、いよいよ蜂蜜作りに挑戦ですね。
それにしてもkiiさんは器用ですね。
巣箱が5個、春には蜂が集まって来るでしょうね。
自家製の蜂蜜楽しいですね。
Posted by sakko at 2017年01月07日 07:23
☆mic_river さん、いつもありがとうございます。

家造りの様子を楽しませていただいてますよ〜
今年も頑張りましょう!!

「すむし」
「エ〜〜ッ、知らなんだ、知らなんだ、、、」と、けいさんが
卒倒しそうになってますよ(笑)
かみさんには絶対に見せられませんね!

底板の掃除をこまめにすれば大丈夫だと思っているんですが。。。
掃除しやすいように底板の脱着が簡単にできるようにしようと
考えてます。

昔食べそびれたワイン樽の日本ミツバチの蜂蜜、あれがずっと
トラウマになっているのかなぁ。
Posted by kii at 2017年01月08日 06:06
☆あいやばばさん、いつもありがとうございます。

昨年、手に入れられたたくさんの砥石、垂涎ものでした!!
羨ましかったですよ〜
しかし、あいやばばさんはおしゃれなものを作られますね。
私の作るものは無骨すぎるとけいさんからはいつもブーイングなんです。

日本ミツバチの巣箱は、スズメバチにワイン樽を襲われて以来ずっと
気持ちの中では懸案事項の上位にあったのですが、昨年の暮れに
柿チップスに群がる日本ミツバチの群れを見て火が点いてしまいました。
しなくてはいけないことがどっさりあるので、けいさんは渋い顔ですよ(笑)

自然入居を待つのがいいのかもしれませんが、それではあまりに確率が
低すぎるので、「キンリョウヘン」という植物を使うかそれとも誘因剤を使うか
悩んでます。
「キンリョウヘン」は開花時期と分蜂の時期がうまく合うかどうか、そこの
ところが賭けになりますが、根付けば毎年利用できる。。。
誘因剤を使っても確率は低いそうですから、なかなか難しいですね!


親しい方たちにだけでも味わっていただける蜂蜜ができたらいいなぁと、
夢見てますよ!
Posted by kii at 2017年01月08日 06:26
☆sakkoさん、おはようございます。

西洋ミツバチと異なり、日本ミツバチは収穫量も収穫回数も少ないそう
ですから、その希少価値の蜂蜜を味わってみたいとは思ってますが、
そこまでうまくたどり着けるかどうか、、、

もうひとつ、西洋蜜蜂と異なる点が。。。
巣が気に入らなくなると放棄するそうで、気難しいらしいです。
誘因するのも一苦労のようです。
試行錯誤の連続になりそうですよ〜
Posted by けい at 2017年01月08日 06:58
☆あいやばばさんへ

れれれ、、、変換ミスをしていました。

誘因剤ではなくて誘引剤ですね。
訂正いたします。
Posted by kii at 2017年01月09日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック