2017年05月23日

花山椒の鍋と果樹のこと

花山椒の旬はごく短い。
その中でも花山椒鍋の適期といえば僅か3日ほどだろうか。。。
二人で黙々と摘むこと二時間。
美味しさを予感しながらとはいえ、さすがに飽きて「もういいよね!」
花山椒とミツバ
お浸しにしようと、ついでに三つ葉も摘んできた。
我が家の三つ葉は香りもいいが、葉が大きく茎は太い。
薬味扱いではなく、立派に野菜のお役を果たしている。

花山椒と地鶏だけのシンプルな鍋。
花山椒の鍋

花山椒の鍋
今年も食べることができてよかったなぁ。。。

鹿やカモシカに食べられて周辺でもほとんど採れなくなっているいるという
スカンポや山ブキだが、保護に努めやっとここまで増えてくれた。
スカンポ

山フキ
わざわざ車を停めて防獣ネッとの外から覗き込み、「あそこにいいのがあるわ」
と宣う御仁もいる。
何を言うやら、これは育てているのですぞ!!

コゴミや行者ニンニク、アザミやウルイ、ヤブカンゾウにシオデ、ヤマウド、
タラ、ヨモギ、スギナ、ドクダミ、コシアブラ、ハナイカダやウワミズザクラ。
庭の中では食用にできるものを大切に育てているので、薬剤は一切使用しない。
見っけ! これはツルニンジンだろうか?
ツルニンジン

さて果樹たち。
「ジューンベリー」
ジューンベリー
今年はいっぱいに花開いた。

「クラブアップル」
クラブアップル1

クラブアップル2

「アルプス乙女」
アルプス乙女
カモシカや鹿の食害に遭って長く成長できずにいたが、やっとチラリと花が
咲くようになった。

これはプラムの「オザーク・プレミア」
スモモ2
この子も食べられたり折られたりでなかなか育たなかったが、初めて花を見た。
嬉しいなぁ。

「ハリウッド」
プラム1

他のプラムに関して。
「貴陽」や「秋姫」はすくすく育っているが、、「太陽」は大きくなっているのに
今年も蕾を持たずである。
「伐っちゃうよ」とささやく必要あり??

posted by けい at 06:52| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック