2017年05月31日

ライラックやスズランのこと

いい香りが漂ってくると、庭仕事の手をつい中断して想いに耽ってしまう。
ライラックやスズランは懐かしい青春の日々を一気によみがえらせてくれる。

ログハウス前の庭にはライラック(リラ)が4株。
ライラック
故郷で家の前にあったのは濃い青紫だったように記憶しているが、なかなか
その色は手に入らない。
カモシカに折られて傷み、白花は花を見ることができなかった。

スズランもログ前の庭に集めているのだが、これが困ったことになっている。
ドイツスズランと日本スズランをエリア分けしているのだが、これが増える
にしたがって入り交ざり始めているような気がするのだ。
まさか交雑種が生まれているとは思えないけれど、どうなのだろう。

ドイツスズランのエリアから
ドイツスズラン1

ドイツスズラン2

日本スズランのエリアから
日本スズラン1

日本スズラン2

日本スズラン3

昨年もブログに書いたことなのだが
「日本スズランとドイツスズランはどちらもログ前の庭に植えられている。
小道と山野草エリアを間に設けてしっかりとエリア分けしていたつもりだが、最近
ドイツスズランのエリアにほっそりしたものが現われたりして、少し怪しくなってきた。
ドイツ種と日本種は交雑する??
見分け方は、日本スズランは葉の裏が白っぽく、ドイツスズランは葉の裏に艶があること。
ドイツスズランのほうが花の主張は強く、日本スズランは葉陰にひっそりと咲く」

今年も答えが出せないままで過ぎていきそうだ。。。

**************

仕事の都合で数日を町で過ごし、「日照りがきつかったから草で大変なこと
になっているだろうね」と覚悟しながら山入りしたのが昨日午後。
ミニ菜園はカラカラだったが、陽がきついうちは水遣りもできないしと3時
過ぎから動き出す。
見回りをしたkiiさんの「異常なし!」を信じ、アシタバから水遣りを
始めて、「ウンッ!?、何か違うぞ!」
ららららら、どうしてこれが異常なしなのよ!!
食害1 食害2
左が栗の苗木、右は三つ葉や晩生のミョウガ。
晩生のミョウガは我が家の貴重品なのだぞ!!
食害3 食害4
左はササユリ、右はコオニユリ。

他にはやっと元気になってきた南高梅二株、先日植え込んだイチジク二株や
サンザシも。。。

「入った形跡はないんだけどなぁ、不思議だなぁ」kiiさんが呟く。

食害が出ている箇所が敷地の上方に集中しているのはおかしいと、根性で
探索する私。

見つけました!! ここが侵入口。
侵入口1
写真を撮ったのは繕い始めてからだったのでイマイチハッキリしないが、
食いちぎった紐などが周囲には散らばっていたし、ポッカリと開いていたの
でここに間違いないと思う。

このネットの張り方じゃ入ってくださいと言っているようなものじゃないの。
kiiさんにレッドカードを突きつける。

侵入口2
前面道路からは15メートルほどの高さがあるのに、此処まで登ってきた
ことを思うと、お疲れさまとしか言いようがない。
こんな荒仕事が平気なところを見ると、犯獣はカモシカで間違いないだろう。
美味しいものを目指して一心だったのだろうなぁ。
まぁ、そう何度もうまい話は続かないということを思い知っていただかなく
てはなりませんが。。。

posted by けい at 20:24| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライラックやスズランが咲いて野迫川はいい季節ですね。
花って足があるのかなと思うほど、自然に移動しますね。
こんな処に水仙がとびっくり、しています。
続きを読んでビックリ、
カモシカの食に対する執念は凄いですね。
けいさん家の周りを見張っているのですね。
少しでもガードのゆるい所があると侵入ですね。
でも負けないでね。
昨日は夕方から雨が降りました。水遣り助かりました。
Posted by sakko at 2017年06月01日 06:24
☆sakkoさん、おはようございます。

ライラック、スズラン、ブルーベル、BGMはカッコウにオオルリ、ウグイス
一番好きな季節です♪

昨夜は隣地境界まで鹿が来ていたようですよ。
しかしカモシカにはビックリです。
よくぞこんな所を上るものだと唖然とさせられてます。

先日sakkoさんの所で雨が降ったときは、野迫川は雨三粒程度
だったのですが、昨夜は雷と雨で怖かったです。
でもね、あれだけ降ったのに今朝菜園を見たら、湿っていたのは
上っ面だけ。。。
な〜〜んだ、、、でした。
Posted by けい at 2017年06月02日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック